【査定士だけが知っている】WRX STI/S4のリセールを詳しく解説

【査定士だけが知っている】WRX STI/S4のリセールを詳しく解説

WRX STI/S4の新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(下取り/買取相場)を詳しく解説していきます。

リセールバリューの高いグレードや人気の色、モデルチェンジのリセールへの影響等も調べています、是非参考にしてみてくださいね。

キノさん
令和2年よりSTIはS4に統一されました。今回は両方解説します。

この記事ではこんなことについてまとめています。

  • WRX STI/S4の具体的なリセールバリュー
  • リセールバリューの高いグレード
  • リセールに有利な色や条件は?

 リセールは全体的に「高い」

 グレードとしては「リミテッド」がおすすめ

 色はシックな落ち着いた色なら大丈夫

リセールについてかなり細かく調査しました。WRX S4/STIに興味のある人には絶対に読んでほしい記事になっています。

アシスタント
サポート
新型で注目のレヴォーグのリセールについてはこちらをどうぞ!
レヴォーグのリセールバリュー

スバルの持つ安全装備と走る楽しさを兼ね備えたツアラー、レヴォーグ。レガシィツーリングワゴンの後継車としてもファンは多いですよね。そんなレヴォーグが平成26年の発売から6年を経て2020年秋にフルモデルチェンジを発表。[…]

レヴォーグのリセールを5年落ちまで詳しく解説【STIや色についても紹介】

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それではWRX STI/S4の買取相場について見ていきましょう。

注意
この記事は2020年10月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\最新の買取相場はこちらから/
【無料】今すぐ中古車査定を申し込む

3年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から3年後のリセール(買取相場)を3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

平成29年式のWRXの買取相場としても参考にしてみて下さい。

S4が平成29年8月、STIが6月にマイナーチェンジしており、その前後についても解説します。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成29年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【S4/後期】
2.0GTアイサイト3,369,600円
1.6万km
1件
253万円
75%
2.0GT-Sアイサイト3,736,800円
1.1~3.7万km
12件
253~310万円
285万円
76%
【S4/前期】
2.0GTアイサイト3,348,000円データなし
2.0GT-Sアイサイト3,564,000円
1.6~3.6万km
7件
231~270万円
250万円
70%
tS NBRチャレンジパッケージ5,292,000円
1.1~3.5万km
2件
363~400万円
385万円
73%
【STI/後期】
STI3,866,400円
2.0~3.9万km
3件
300~340万円
325万円
84%
STI タイプS4,060,800円
1.1~5.0万km
15件
340~415万円
365万円
90%
【STI/前期】
STI3,790,800円
1.2~1.9万km
2件
309万円
82%
STI タイプS4,114,800円
2.6~2.7万km
2件
309~330万円
320万円
78%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※幅が出るのは、走行距離、色等がそれぞれ異なる為

キノさん
データ数が多い程人気のグレードであり、残価率の精度も高くなります。
3年後の平均残価率
S4後期76%
前期72%
STI後期87%
前期80%

【参考】3年後の基準

100%以上 → 資産
90~100% → 神
80~90% → 最強
70~80% → かなり高い
60~70% → 高い
50~60% → 普通
50%以下 → 低い

3年後のWRX S4のリセールバリューは前期/後期ともに「かなり高い」、STIは前期/後期ともに「最強」レベルです。

リセールが非常に高いことに加え、マイナーチェンジ前後でリセールがあまり落ちていないことにも注目です。

後期のSTIタイプSにおいては久々の「神」クラスとなっています。

5年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から5年後のリセール(買取相場)を5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

平成27年式のWRXの買取相場としても参考にしてみて下さい。

アシスタント
サポート
WRX S4/STIともにモデルチェンジ後発売初期になります。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【S4】
2.0GTアイサイト3,348,000円
3.1~6.2万km
4件
175~195万円
185万円
55%
2.0GT-Sアイサイト3,564,000円
3.2~6.8万km
15件
155~232万円
200万円
56%
【STI】
STI3,790,800円
4.9~6.7万km
8件
250~309万円
280万円
74%
STIタイプS4,114,800円
3.3~6.7万km
11件
253~320万円
290万円
70%
5年後の平均残価率
S456%
STI72%

【参考】5年後の基準

80%以上 → 神
70~80% → 最強
60~70% → かなり高い
50~60% → 高い
40~50% → 普通
30~40% → 低い

5年後のWRX S4のリセールバリューは「高い」、STIは「最強」クラスです。

5年落ちでは少し差が開き始めました。STIのリセールはかなり高いと言えます。

7年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から7年後のリセール(買取相場)を7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

平成25年式のWRX STIの買取相場としても参考にしてみて下さい。

アシスタント
サポート
平成26年フルモデルチェンジの為、インプレッサWRXSTIになります。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
WRX STI スペックC3,328,500円
3.5~7.8万km
5件
188~253万円
230万円
69%
WRX STI3,738,000円
4.8~8.4万km
2件
170~243万円
210万円
56%
WRX STI tSタイプRA4,410,000円
3.5万km
1件
310万円
70%
WRX STI tSタイプRA NBR チャレンジパッケージ4,830,000円
5.6~8.2万km
4件
275~355万円
310万円
64%
7年後の平均残価率
65%
【参考】7年後の基準

70%以上 → 神
60~70% → 最強
50~60% → かなり高い
40~50% → 高め
30~40% → 普通
20~30% → 低い
20%以下 → かなり低い

7年後のWRX STIのリセールバリューは「最強」クラスです。

3年後から7年後までリセールクラスは全て「最強」ということが判明しました。

しかもフルモデルチェンジを挟んだ7年後という結果なので、本当に高い数値です。

WRX S4/STIのリセールのポイント

アシスタント
サポート
ここからはリセールに関するポイントについて紹介します。

人気の色

高く売れているボディカラーは、

「パールホワイト(クリスタルホワイト・パール)」
「青(WRブルー・パール)」
「黒(クリスタルブラック・シリカ)」

になります。

やはりスバルなので青が強く、人気です。

逆にリセールがやや低くないそうなのが、

「シルバー(アイスシルバーメタリック)」
「グレー(ダークグレー・メタリック)」

です。

ただし全体的に物凄くリセールが高いので、そこまで気にする必要もないと言えます。

キノさん
WRX STIの時点でリセールは勝ち組!
色とリセールバリューとの関係

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

買取相場の推移

相場推移
平成27年式STIの相場推移

直近やや上昇している様に見えますが、総じて安定しています。

コロナ禍だった4月・5月でも落ちていないのが、リセールの盤石さを物語っています。

中古車輸出

WRX S4/STIは輸出されています。

WRX S4(型式:VAG)→ロシア、ニュージーランド

WRX STI(型式:VAB)→ロシア、香港

インプレッサWRX STI(型式:GVB)→香港、英国、ニュージーランド

中でも香港行きは高年式、高価格帯が輸出される国です。

その影響で、

6年落ち・STI・走行距離10万km→残価率58%

5年落ち・STI後期・走行距離30万km→残価率46%

7年落ち・走行距離15万km→残価率53%

10年落ち・走行距離13万km→残価率37%

と走行距離の多さを感じさせないリセールを残しています。

注意点としては、香港が入っていないS4は高価格帯の輸出がないので順調にリセールが下がる可能性があります。

WRX STIは走行距離が増えても大丈夫!

今後のモデルチェンジ

同じくスバルのレヴォーグがフルモデルチェンジされ、モデルチェンジの期待が高まるSTIですが、2020年にS4に統合されたのもあり暫くは変化はなさそうです。

≫参考記事:WRXのモデルチェンジはいつ!?WRXと新型レヴォーグを比較してみる

レヴォーグのリセールバリュー

スバルの持つ安全装備と走る楽しさを兼ね備えたツアラー、レヴォーグ。レガシィツーリングワゴンの後継車としてもファンは多いですよね。そんなレヴォーグが平成26年の発売から6年を経て2020年秋にフルモデルチェンジを発表。[…]

レヴォーグのリセールを5年落ちまで詳しく解説【STIや色についても紹介】

今後のWRX S4のリセール

WRX S4のグレードがSTIで統一され、WRX STIはなくなりました。

S4(型式:VAG)は上記の通り香港向けの輸出がなく、グレードはSTIではあるものの、WRX STIの様な高いリセールは出ないと予想します。

リセールを狙ってWRXを購入する場合、S4の新車ではなくSTIの中古車の方が良いかもしれません。

WRX S4/STIのリセールまとめ

WRXのリセール推移

WRX STI/S4のリセールバリューはとても高いということがわかりました。

特徴的なのは、MCやFCでさえ大きく落ちないという点です。

STIがS4に統一されたことは少々残念なポイントでもありますが、引き続きリセールをチェックしていこうと思います。

■S4とSTIのリセールは全然違う

■パールホワイト、青、黒がおすすめボディカラー

■STIは輸出の需要もあり、走行距離が増えてもリセールが高い

WRX S4/STIに購入や売却を検討している方は是非参考にしてみてください!
それでは今回はこの辺で。

\新車の見積もりが欲しい方は/
【無料】WRXの新車見積もりはこちら

車のリセールについてはこちらの記事も人気です。

リセールバリューランキング

リセールバリューの高い車を新車から3年・5年・7年後それぞれにおけるランキング形式で紹介していきます。リセールの良い車って実はたくさんあるんですね。それぞれの車のリセールバリューを正しく知って、カーライフをより楽しいものにしていきま[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアを宜しくお願いします!