【マツダ】CX-5のリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説

マツダCX-5のリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説!

  • CX-5のリセールってどうなの?
  • リセールの高いグレードやオプションは?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はマツダ/CX-5のグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールが高くなる仕様について詳しく解説します。

RCX-5のリセールが気になる方は参考にしてみてください。

今乗り換えを検討している人は「車査定比較.com」で無料査定をしてみませんか?コロナの影響で中古車相場が上がっており、今は高額査定が出る絶好のタイミング!

必要な情報を入力するだけで今の相場がすぐにわかります。更にあなたの車が得意な専門業者が査定をする為、下取りや他店の査定額より50万円以上高くなる可能性も!

まさかの買取額が新車価格を超えるケースも!まずは無料査定で相場を把握しよう☆

\毎月相場が上昇中!今の相場をチェック/
無料査定で愛車の相場を調べる

【結論】CX-5のリセールについて

CX-5のリセールバリューは平均並み。

ディーゼルよりガソリンの方がリセールは高く、輸出需要は多くありません。

リセールを高めたいなら基本に忠実に、車両状態を良く、走行距離を抑えめにすることが大切です。

【特徴】

リセールレベルリセールに影響するオプションおすすめの売却タイミング
平均並み特になしフルモデルチェンジ

簡単に説明していきます。

【リセール:平均並み

経過年数別の残価率が下記。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表しています。
経過年数残価率/D残価率/G
3年落ち/H30年
(現行KF系)
66%
★★★☆☆
69%
★★★☆☆
H29/2 KF系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H28年
(KE系後期)
43%
★★☆☆☆
50%
★★★☆☆
H27/1 KE系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H26年
(KE系前期)
30%
★★☆☆☆
47%
★★★☆☆

※D=ディーゼル G=ガソリン

CX-5はガソリンモデルの方がリセールは安定していると言えます。

【オプション:特になし

リセールに影響するオプションは特にありません。

大きいもので言うとサンルーフとBOSEサウンドがありますが、どちらもリセールにおいて必須という訳ではありません。

 

【売却タイミング:フルモデルチェンジ

輸出先にケニアがある為、7年落ちを超えるか超えないかは気にした方がいいです。

総合的には細かい年式は気にせず、モデルチェンジ(特にフル)で乗換えを検討するのがおすすめです。

CX-5の中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めの登録がおすすめ☆
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
CX-5の非公開在庫を見る

 

CX-5のリセールバリュー

参照元:グーネット

経過年数とグレード別のリセールを紹介します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータより
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態比較的良好

3年後のリセール:残価率68%

3年後のリセールを3年落ちの相場から解説します。

3年落ちは現行、KF系前期です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ディーゼルモデル】
XD(2WD)2,808,000円
1.0~3.7万km
7件
166~200万円
188万円
67%
XD(4WD)3,034,800円
1.8~4.9万km
10件
160~232万円
177万円
58%
XDプロアクティブ(2WD)3,002,400円
1.0~4.7万km
44件
177~235万円
210万円
70%
XDプロアクティブ(4WD)3,229,200円
1.5~4.3万km
12件
200~232万円
215万円
67%
XD Lパッケージ(2WD)3,229,400円
1.0~4.9万km
47件
188~255万円
221万円
68%
XD Lパッケージ(4WD)3,526,200円
1.2~3.5万km
26件
205~287万円
232万円
66%
XDエクスクルーシブモード(2WD)3,655,800円
1.8~2.9万km
3件
225~248万円
238万円
65%
XDエクスクルーシブモード(4WD)3,882,600円
2.7~4.1万km
2件
248~254万円
251万円
65%
【ガソリンモデル】
20S(2WD)2,494,800円
1.5~2.6万km
5件
177~200万円
188万円
75%
20Sプロアクティブ(2WD)2,689,200円
1.0~4.5万km
26件
166~225万円
195万円
73%
25S(4WD)2,721,600円
1.4万km
1件
188万円
69%
25Sプロアクティブ(4WD)2,916,000円
1.2~2.4万km
3件
199~221万円
205万円
70%
25S Lパッケージ(2WD)2,986,200円
1.2~2.3万km
10件
188~227万円
210万円
70%
25S Lパッケージ(4WD)3,213,000円
1.5~3.2万km
8件
188~232万円
210万円
65%
25Tエクスクルーシブモード(2WD)3,650,400円
2.3万km
1件
232万円
64%
25Tエクスクルーシブモード(4WD)3,877,200円
1.8万km
1件
243万円
63%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】

ディーゼル66% ★★★☆☆
ガソリン69% ★★★☆☆

CX-5の3年後のリセールは全車平均レベル。

ガソリンモデルの方が少しリセールは高いですが、人気はディーゼルの方があります。

これぐらいのリセール差であればディーゼルを選んでも全く問題ないでしょう。

 

ちなみにCX-8(3年落ち)のリセールは、

ディーゼル65% ★★★☆☆
ガソリン70% ★★★★☆

となるので、CX-8も同じ傾向があると言えます。

CX-5とCX-8の残価率はほぼ同じと考えて良いでしょう。

▼関連記事
マツダCX-8のリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説!

あわせて読みたい

CX-8のリセールってどうなの? リセールの高いグレードやオプションは?こんな疑問をお持ちではないでしょうか。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はマツダ/CX-8のグレード別のリ[…]

 

5年後のリセール:残価率47%

KE系【H24/2~H29/1】(参照元:グーネット)

5年後のリセールを5年落ちの相場から解説します。

5年落ちは前型KE系の後期です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【ディーゼルモデル】
XD(2WD)2,835,000円
3.5~5.9万km
7件
95~130万円
115万円
41%
XD(4WD)3,061,800円
3.0~5.5万km
2件
139~150万円
145万円
47%
XDプロアクティブ(2WD)2,937,600円
3.0~6.0万km
28件
95~150万円
130万円
44%
XDプロアクティブ(4WD)3,164,400円
3.2~7.0万km
21件
111~166万円
140万円
44%
XD Lパッケージ(2WD)3,261,600円
3.0~7.0万km
17件
117~160万円
138万円
42%
XD Lパッケージ(4WD)3,488,400円
3.1~5.9万km
27件
122~172万円
144万円
41%
【ガソリンモデル】
20S(2WD)2,446,200円
3.2~6.3万km
7件
111~140万円
128万円
52%
20Sプロアクティブ(2WD)2,548,800円
3.6~6.7万km
11件
100~139万円
125万円
49%
25S(4WD)2,673,000円データなし
25Sプロアクティブ(4WD)2,775,600円
3.3万km
1件
133万円
48%
25S Lパッケージ(2WD)2,872,800円
3.9~4.0万km
3件
139~144万円
142万円
49%
25S Lパッケージ(4WD)3,099,600円データなし

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】

ディーゼル43% ★★☆☆☆
ガソリン50% ★★★☆☆

フルモデルチェンジの影響もあり、3年落ちと比べるとそれなりに落ちました。

ここでも引き続きガソリンモデルの方がリセールが高いという状況が続いています。

CX-5のリセールバリューはそこまで高くはありません。

リセールバリューの高いSUVをお探しの方は下記の記事もおすすめです。

▼関連記事
リセールバリューの高いSUVはこれだ!ランキングで詳しく紹介

あわせて読みたい

この記事のまとめ・リセールバリューの高いSUVをプロの査定士がランキングにして紹介!・3年、5年、7年落ちに分けているので保有する年数に合わせた車種を知ることが可能・記事の後半で車種別の特徴を紹介。これであなたもSU[…]

リセールバリューの高いSUVはこれだ!ランキングで詳しく紹介

 

7年後のリセール:残価率39%

参照元:グーネット

7年後のリセールを7年落ちの相場から解説します。

7年落ちは前型KE系の前期(CX-5の初期)です。

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
【ディーゼルモデル】
XD(2WD)2,678,400円
5.0~10.0万km
68件
35~105万円
83万円
31%
XD(4WD)2,894,400円
5.0~10.0万km
39件
62~122万円
90万円
31%
XD Lパッケージ(2WD)3,067,200円
5.4~9.8万km
30件
60~100万円
89万円
29%
XD Lパッケージ(4WD)3,283,200円
5.1~9.8万km
16件
67~122万円
95万円
29%
【ガソリンモデル】
20C(2WD)2,138,400円
7.2~8.2万km
2件
122~127万円
125万円
58%
20S(2WD)2,289,600円
5.0~10.0万km
33件
100~133万円
116万円
51%
25S(4WD)2,602,800円
5.5~9.2万km
2件
110~115万円
112万円
43%
25S Lパッケージ(2WD)2,678,400円
7.7~9.6万km
6件
100~122万円
111万円
41%
25S Lパッケージ(4WD)2,894,400円
5.5~6.1万km
2件
122万円
42%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

ディーゼル30% ★★☆☆☆
ガソリン47% ★★★☆☆

ディーゼルとガソリンの差が開きました。

ガソリンモデルは輸出にかなり効いていると思われます。

CX-5を商用車の様に走行距離が増える乗り方をする場合は、リセール面からガソリンモデルの方が有利と言えます。

 

因みによく比較されるトヨタのハリアーと比べた場合、やはりハリアーの方がリセールは安定しています。

詳しい記事もあるので参考にしてみてください。

▼参考記事
新型ハリアーのリセール・残価率を解説!5年後に最も有利なグレードは?

あわせて読みたい

ハリアーのリセールってどうなの? 5年後の残価率はどれくらいと予想?こんな疑問をお持ちではないでしょうか?こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回はトヨタ/ハリアーのグレード別のリセー[…]

新型ハリアーのリセール・残価率を解説!5年後のリセールはどうなの?

経過年数別のまとめ

ここまでの経過年数別のリセールをまとめます。

経過年数残価率/D残価率/G
3年落ち/H30年
(現行KF系)
66%
★★★☆☆
69%
★★★☆☆
H29/2 KF系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H28年
(KE系後期)
43%
★★☆☆☆
50%
★★★☆☆
H27/1 KE系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H26年
(KE系前期)
30%
★★☆☆☆
47%
★★★☆☆

※D=ディーゼル G=ガソリン

CX-5はガソリンモデルの方がリセールは安定していると言えます。

ガソリンとディーゼルの維持費を比較!

リセールではガソリンの方が有利ですが、維持費を比較してみます。

下記は燃費と燃料代の差。

ディーゼルガソリン
燃費(km/L)17.414.6
燃料代/1万km80,690円110,822円

※レギュラー:161.8円/L、軽油:140.4円/Lで計算

1万kmあたり約30,000円の燃料代の差があることがわかります。

キノサン
意外と大きいですね!

更に今は環境性能割非課税と重量税免税というメリットもあるので、総合面からディーゼルを選んでいる人が多いと思います。

細かな税金については都度変更となりますので、事前に詳しく調べておきましょう。

 

リセールはいつどう落ちるのか

リセールバリューが毎年どのように落ちていくのかを公開します。

グレードは最も人気がありそうな「XD Lパッケージ」で調査しました。

モデル
(グレード)
平均買取額/残価率
(前年比)
当年もの
(XD Lパッケージ)
300万円/85%
※①
1年落ち
(XD Lパッケージ)
265万円/77%
(−35万円)※②
2年落ち
(XD Lパッケージ)
240万円/72%
(−25万円)
3年落ち
(XD Lパッケージ)
232万円/70%
(−8万円)
4年落ち
(XD Lパッケージ)
215万円/65%
(−17万円)
フルモデルチェンジ(KE系→KF系)
5年落ち
(XD Lパッケージ)
133万円/40%
(−82万円)※③
6年落ち
(XD Lパッケージ)
115万円/34%
(−18万円)
マイナーチェンジ(KE系前期→後期)
7年落ち
(XD Lパッケージ)
100万円/32%
(−10万円)
8年落ち
(XD Lパッケージ)
80万円/26%
(−20万円)
9年落ち
(XD Lパッケージ)
70万円/23%
(−10万円)

この様な感じでリセールは毎年落ちていきます。

大きなポイントだけ紹介します。

①購入直後のリセールが低い

購入直後の残価率が85%とやや低め。

マツダは値引きが小さく、購入時は諸経費がかかることを考えると余計に安く感じるかもしれません。

これは高年式車の高単価での輸出が少ないことも大きく影響しています。

②高年式は1年での落ちが大きい

購入当年から1年落ちの間は35万円落ちている様に、毎月約3万円ずつリセールが下がっていきます

単価が高いうちは何もしなくてもある程度車の価値が下がることを覚悟しましょう。

アシスタント
サポート
そう考えると購入直後に売るのは損!

③フルモデルチェンジの影響大

2017年にKF系が発売(フルモデルチェンジ)された影響で、前型となるKE系のリセールが大きく落ちています。

ここで見る限りその差約80万円。

フルモデルチェンジを跨ぐ際は価値が大きく落ちると思っておいた方が良いでしょう。

アシスタント
サポート
モデルチェンジで乗り換えるかどうかは慎重に検討しましょう

 

CX-5の輸出について

今わかっているCX-5の輸出先は下記。

型式仕向国
KF系(2017~)
KF2P
(ディーゼル)
キプロス
ロシア
KF5P
(ガソリン・2.5L)
キプロス
ロシア
ケニア
セントルシア
ニュージーランド
KFEP
(ガソリン・2L)
キプロス
バルバドス
ニュージーランド
KE系(初期〜2016)
KE2AW
(ディーゼル・4WD)
パプアニューギニア
東ティモール
ケニア
ロシア
ニュージーランド
チリ
南アフリカ共和国
セントルシア
モザンピーク
タンザニア
KE2FW
(ディーゼル・2WD)
キプロス
ジャマイカ
ケニア
サモア
ニュージーランド
南アフリカ共和国
タンザニア
チリ
モザンピーク
トンガ
セントルシア
キリバス
KE5AW
(ガソリン2.5L・4WD)
キプロス
ジャマイカ
ケニア
サモア
ニュージーランド
南アフリカ共和国
タンザニア
チリ
モザンビーク
トンガ
セントルシア
キリバス
KEEAW
(ガソリン2L・4WD)
セントビンセント
ニュージーランド
KEEFW
(ガソリン2L・2WD)
ケニア
スリナム
ニュージーランド
ガイアナ
タンザニア

ガソリン、ディーゼルともに多くの国に輸出されていますが、高い価格で出ている国はありません。

この中ではケニアが最も高単価で輸出される国であり、上記でケニアに該当している型式は特に過走行でもリセールが落ちにくいと言えます。

キノサン
トータルしてCX-5はそこまで輸出に強い車種ではありません。

CX-5購入時のポイント

CX-5購入のポイント

リセールバリューを考えたCX-5購入のポイントについて考えていきます。

新車を購入する場合

現在発売中のKF系はこれから後期モデル(マイナーチェンジ)が出るので、その発売を待つのが賢明でしょう。

マイナーでも新モデル発売前は、値引きが大きく買いやすくなりますが、それでもリセール落ちを考えると後期を待った方が利があります。

グレードは大きく変わらないので、人気・リセール共に高い「XD プロアクティブ」「XD Lパッケージ」あたりがおすすめです。

リセールの高い色について

車の色によっても売る時の価格に差が出るので、事前にリセールの高い色を知っておきましょう。

中古車オークションでの落札金額からリセール差を調査したのが下記です。

台数平均価格
パールホワイト42台226万円
クロ27台228万円
アカ63台205万円
グレー27台216万円
コン5台197万円
アオ・シルバー4台206万円

※n=168 KF系「XD Lパッケージ」にて

最も人気な色はアカ、最もリセールが高い色はクロとなりました。

アカは人気(ブランドカラー)がありますが、リセールはそんなによくないので、あまりおすすめではありません。

リセール・人気の総合面からいくと、パール・クロ・グレーの中から選ぶのが最もバランスが良いでしょう。

 

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

「ディーラーの下取額に満足してしまっていませんか?」

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高く買取りができます。

キノサン
中には100万円近く下取りより高く買取できるケースも。

それにも関わらず日本では”ディーラー(下取り)でしか車を売った経験がない”という人が全体の約70%と言われており(矢野経済研究所より)

中古車買取サービスを使わないのはもったいない、というのが買取店の中の人の感想です。

そこで今回は、中古車買取店のスタッフが自分の車を売る際に使う「おすすめの買取サービス」を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【すぐに手放せる人向け】その日に最高額がわかる!リアルタイムで競り上がる「オークション形式」

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークションの結果が満足いく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定されること(地方は一部不可)、早めに車を手放さなければいけないことになります。

キノサン
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので、楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

価格は期待できるので「すぐに手放せる人」にはおすすめです。※査定が一度だけなのも楽。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せない人向け】暫く先の売却でも問題なし!引渡し時期などの融通が利く「車査定比較.com」

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車で迷っている…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

という人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、引渡し時期など条件を買取業者と細かく調整できる車査定比較.comがおすすめ。

このサービスは登録している全国295の買取業者の中から、その車に適した買取業者最大10社に一括で査定依頼ができるというもの。

カスタマーサポートチームも設置されており、

  • 「売却先が決まったので査定依頼をやめたい」
  • 「個人情報はしっかり守られるのか」

という様な要望や疑問にもきっちり対応してくれるので安心。

査定を依頼後、車の買取相場が画面に表示されるので、相場を予め把握した状態で査定に臨むことができ安く手放してしまう心配もありません。

実際の価格や条件は各業者によって異なるので、担当者の話を聞きながら最も条件の良い業者を選ぶようにしましょう。

≫車査定比較.com

 

【外車/輸入車をお持ちの方向け】専門店の査定額はここまで違う!輸入車買取専門の「輸入車.com」

外車/輸入車を高く買取してもらおうと思ったら、輸入車買取専門店に査定を依頼するのが鉄則。

筆者のおすすめは全国対応可能な輸入車.comです。

一般的な中古車買取店は輸入車を買取りした後、業者オークションに出品するのが普通の流れ。

その為買取額として出せるのはオークションで利益が出る範囲内までとなります。

しかし輸入車.comは直営販売店も持っているのでそのまま店頭に並べることができ、オークション相場を無視した高額提示が可能に。

特に状態の良い車であるほどその差は大きくなります。大事に乗ってきた車だからこそ、しっかりと評価できるお店に見てもらいましょう。

≫輸入車.com

 

中古車を購入する場合

お買い得感を考えると、2年落ち〜4年落ちのKF系を狙うのがおすすめです。

この年式は新車から2年以上経過しているので、リセールが既にそこそこ落ちており、新車に比べると安く買いやすい年式です。

逆に新古車や1年落ちはまだまだこれからリセールが落ちる年式なので、すぐに価値が落ちる中古車となりおすすめではありません。

どちらにしてもKF系後期モデルが出回るタイミングで前期モデルのリセールは落ちるので、その後に買うのが安く買えるタイミングと言えるでしょう。

キノサン
モデルチェンジ直前は新車も中古車も購入は見送るのが吉。

【CX-5の中古車を探すなら】業者の非公開在庫を上手く活用しよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
CX-5の非公開在庫を見る

 

リセールに影響するオプション

CX-5のリセールに影響しそうな必須オプションはほぼ存在しません。

影響がありそうなサンルーフ(+88,000円)の装着率も約8%と低く、リセールへの影響も殆どないと考えて問題ありません。

大きなものではガラスサンルーフとBOSEサウンドになると思いますが、リセールよりも実用性を重視して検討されるといいと思います。

まとめ

以上、「マツダCX-5のリセールと残価率を中古車査定士が詳しく解説!」でした。

まとめると、

  1. CX-5のリセールは全体的に平均並み、ガソリンの方がディーゼルよりも高い
  2. グレード別では「プロアクティブ」「Lパッケージ」が人気もありおすすめ
  3. 総合面ではディーゼルの方が有利、装備やオプションよりも距離や状態を重視

という内容になります。

マツダ車は全体的に各車種のリセールが近い傾向があると思います。(個人的主観)

マツダと言えば今はディーゼルが主流です、その中でもリセールの高い仕様を選んでいきましょう!

〈お知らせ〉

「リセールを考えたらどの仕様が良いの?」
「将来的に今○○を買う選択は正しい?」
「○○の数年後のリセールってどうなの?」

そんな車に関するお悩みはありませんか。

筆者は当ブログの他、乗換えや購入・売却に関する個別のご相談も承っています。

また新しい車の値引きに関するアドバイスも行えます。(地域・メーカー限定)

今の車を少しでも高く売りたい、将来的に高く売れる車を買いたいと思っている方は、ぜひ利用を検討してみてください。↓

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました。