フォレスターのリセールをプロの査定士が数字で解説!

【中古車査定士が教える!】フォレスターのリセールと数年先の残価率

 フォレスターのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!

 新車から3年/5年/7年/10年経過時の残価率や下取り・買取相場も教えます

 リセールの高いグレードや色、査定の時に差がつく装備等も詳しく紹介

 

「フォレスターって○年後、いくらぐらいで売れるんだろう?」

「フォレスターのリセールバリューっていいの?悪いの?」

車を購入する時はそのリセールバリューも気になりますよね。

高い買い物なので、どうせなら手放す時に高く買い取ってくれる車種やグレードを選んでおきたいですよね。

 

そこで今回は「フォレスターのリセールバリュー」について中古車査定士の筆者が詳しく解説していきます。

●現在SUVを検討されている方
●フォレスターと他の車種を比較している方

には非常に役立つ内容になっています。是非最後まで読んでみてください。

 

早速ですが、まずは結論から。

  • 現行モデル(SK系)のリセールは3年落ちで84%と非常に高い
  • グレードはハイブリッドが主流。「アドバンス」「X-ブレイク」がおすすめ
  • サンルーフ、ルーフレールはつけた方がお得!

 

●経過年数毎の残価率↓
※残価率=平均買取額/新車価格(%)

経過年数残価率
3年落ち
H30年
84% ★★★★★
H30/7フルモデルチェンジ→SK系
5年落ち
H28年
57% ★★★☆☆
7年落ち
H23年
41% ★★★☆☆
10年落ち
H23年
15%
キノさん
最新モデルのフォレスターのリセールは最高ですね!

 

中古車を探している人は必見!非公開車両はもう見ましたか?

フォレスターの中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスに登録しておきましょう。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から提案を受けられるので、自分では探せられない希望の車に出会える可能性があります。

更に車は10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれる損のないサービス。

\ 無料なので使わない手はない /
フォレスターの非公開車両を見る

 


キノさん
リセールを高めると共に、下取り車を損なく売って維持費を最大限に削減しましょう!
おすすめ記事

「車の一括査定を利用したいけれど、慣れていないから注意点などがあれば知りたい!」「色んなサイトがあるのは知ってるけど、おすすめはどれ?」[caption id="attachment_5741" align="alignce[…]

【車の一括査定】注意点とおすすめのサイトを現役査定士が紹介

リセールバリューについて

リセールバリューとは

 

リセールバリュー
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として表しています。

 

算出方法

買取相場の算出方法

その買取相場は自動車オークションの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されているとのこと。

それでは具体的なリセールバリューについて見ていきましょう。

注意
この記事は車の買取額を保証するものではありません。最終的な買取額は中古車買取店にて確認ください。

 

フォレスターのリセールバリュー

SK系【H30/7~現在】(参照元:グーネット)

3年後の残価率86%:★★★★★

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成30年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)

 

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ツーリング2,808,000円
1.6~4.6万km
7件
200~245万円
232万円
83%
X-ブレイク2,916,000円
1.0~5.0万km
21件
205~300万円
260万円
89%
プレミアム3,024,000円
1.2~4.7万km
32件
215~295万円
245万円
81%
アドバンス(ハイブリッド)3,099,600円
1.1~5.0万km
24件
225~290万円
260万円
84%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※新車価格=当時の価格

※走行距離=1万~5万(km)

キノさん
データ数が多いほど売れている人気のグレードです。

【3年後の平均リセール】

84% ★★★★★

現行モデルのフォレスターのリセールはとても高いんですね。

ただし注意ポイントとして、ナビ・革シート・サンルーフなどオプションが多く、実際には新車価格より25~50万円程の費用が追加されます。

なので実際の残価率としては75%ぐらいと見ておきましょう。(それでも星4つ!★★★★☆)

アシスタント
サポート
スバルのナビは全てオプションです。

 

ちなみによく比較されるマツダのCX-5とリセールで比較した場合、断然フォレスターの方が高いです。

【3年後の平均リセール(CX-5)】

ディーゼル66% ★★★☆☆
ガソリン69% ★★★☆☆

CX-5とフォレスターはモデルチェンジのタイミングがほぼ同じで、比較がしやすい車です。

この後出てくる5年落ち・7年落ちのリセールでも、基本的にはフォレスターの方が高くなります。

CX-5については下記の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

 CX-5のリセールバリューをグレード別に細かく解説 リセールの高いグレードや仕様、売れ筋モデルも紹介 どのグレードがリセール的にオススメなのかがわかります!マツダの5人乗りのクロスオーバーSUVである「CX-5」。[…]

【CX-5のリセールを徹底解剖】5年後の買取相場も細かく解説

 

5年後の残価率57%:★★★☆☆

SJ系後期【H27/11~H30/6】(参照元:グーネット)
キノさん
5年後の残価率って結構重要ですよね。5年落ちはSJ系後期です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成28年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.0i2,149,200円
3.4~4.2万km
2件
120万円
56%
2.0i-Lアイサイト2,689,200円
3.1~7.9万km
55件
115~177万円
150万円
56%
X-ブレイク2,754,000円
3.1~7.9万km
33件
120~200万円
160万円
58%
Sリミテッド2,894,400円
3.1~7.6万km
48件
135~205万円
170万円
59%
2.0XTアイサイト3,128,760円
3.1~7.3万km
42件
130~205万円
177万円
57%

※新車価格=当時の価格
※走行距離=3万~8万(km)

【5年後の平均リセール】

57% ★★★☆☆

フルモデルチェンジがあった影響もあり、リセールは大きく下がりました。

現行モデルがそのまま5年落ちとなった場合は、これより高い数値にはなります。

 

リセールバリューが気になっている方は、『リセールバリューが高い車ランキング』もおすすめ記事なので是非確認してみてください。

あわせて読みたい

「リセールバリューの高い車を知りたい」そんなあなたにぴったりの記事です。 こんにちは、車のリセールバリューマニアのキノさんです。本記事では私が調査したデータから、リセールバリューの高い車をランキング[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

 

7年後の残価率41%:★★★☆☆

SJ系前期【H24/11~H27/10】(参照元:グーネット)
キノさん
7年落ちはSJ系前期。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成26年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.0i2,149,200円
6.5~9.0万km
3件
78~100万円
85万円
40%
2.0i-Lアイサイト2,581,200円
5.0~9.7万km
41件
95~143万円
111万円
43%
2.0i-Sアイサイト2,818,800円
5.2~10.0万km
29件
80~155万円
115万円
41%
X-ブレイク2,689,200円
5.1~9.9万km
26件
95~145万円
111万円
41%
2.0XTアイサイト3,020,760円
5.0~9.9万km
58件
100~166万円
125万円
41%

※新車価格=当時の価格
※走行距離=5万~10万(km)

41% ★★★☆☆

5年落ちとは前期/後期の違いしかありませんが更に下がりました。

 

10年後の残価率:15%

SH系【H19/12~H24/10】(参照元:グーネット)
キノさん
10年落ち(平成23年式)はSH系です。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成23年式・装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
2.0X2,058,000円
11.4~12.6万km
3件
22~30万円
27万円
13%
2.0XS2,320,500円
8.1~13.0万km
21件
23~45万円
34万円
15%
2.0XT2,762,850円
8.3~9.4万km
4件
30~45万円
37万円
13%
Sエディション3,129,000円
10.0~12.9万km
2件
44~60万円
50万円
16%
ts3,622,500円
8.8~11.4万km
2件
60~75万円
67万円
18%

※新車価格=当時の価格
※走行距離=8万~13万(km)

15%
キノさん
20万km走っても20万円ぐらいの買取相場はありそうです。

売れ筋/人気のグレード

オークションへの出品台数から、現在のモデルにおける人気のグレードをお伝えします。

順位グレード台数
1位アドバンス(HV)20台
2位スポーツ(ガソリン)10台
3位X-ブレイク(HV)1台
4位ツーリング(HV)1台

※過去3ヵ月の主要オークションより(令和2年式のみ)

現在新車で発売されているのは、ハイブリッド3モデル、ガソリン1モデルの4グレードです。

昨年からの体系の為まだ台数は多くないですが、アドバンス(ハイブリッド)が最も人気で売れているグレードのようですね。

 

【フォレスターの中古車をお探しなら】非公開車両はもう見ましたか?

フォレスターの中古車を探しているなら、ガリバーの中古車検索サービスに登録しておくのがおすすめ。

一般市場に公開される前の「非公開車両」から提案を受けられるので、自分では探せられない希望の車に出会える可能性があります。

車は毎日約500台が入れ替わるので情報が常に新鮮、昨日までなかった車が突然入ってくるようなこともあり。

更に車は10年保証で納車後の返品OK、最短で即日の連絡、専任の担当者付き。「まだ探している段階」でも歓迎してくれる神サービスです。

年間20万台を買い取るガリバーが最新情報を提供し続けてくれるので、とても効率的に中古車探しを進められます。

\ 無料なので使わない手はない /
フォレスターの非公開車両を見る

 

フォレスターのリセールは高い!

これまでの経過年数別のリセールバリューをまとめました。

経過年数残価率
3年落ち
H30年
84% ★★★★★
H30/7フルモデルチェンジ→SK系
5年落ち
H28年
57% ★★★☆☆
7年落ち
H23年
41% ★★★☆☆
10年落ち
H23年
15%

フルモデルチェンジで乗り換えれば、すごく高いリセールが維持できるでしょう。

ハイブリッドモデルの燃費が14km/Lあり、新車価格も考えると広いマーケットに対応できるバランスの良い車種ですね!

 

リセールの高いグレードや装備

装備の差

リセールの高いおすすめのグレードや装備について紹介します。

アドバンス・Xブレイクがおすすめ

人気、リセールともに高い「アドバンス」か「X-ブレイク」がグレードとしてはおすすめです。

 

現在「e-BOXER」エンジン搭載のハイブリッドがグレードの大半を占めるようになりました。

ガソリンよりもハイブリッドグレードの方が人気があると言えそうですね。

 

色でリセールがどのくらい変わるのか見ていきます。

下記はオークションでの落札相場です。

パールその他
平均価格246万円247万円236万円
台数42台21台23台

※SK系のデータにて
※サンルーフ、革シート等の条件なし

リセールが高いのは「黒」又は「パールホワイト」と言えそうです。

ただしその他の色(グレー、赤、青)との差は10万円程度しかありませんので、そこまで気にすることはなさそうです。

あわせて読みたい

「車の色って何色を選んだ方がいいの?」リセールを気にして車の色を選んでいる人はいますか?あまりいないですよね。(本人の自由だ!) しかし実際には、走行距離やグレードが同じでも色の違いで査定額が異なっ[…]

【色でそんなに変わる?】車のリセールに有利な色を調べてみた

 

革シート

革シート

プレミアムとにのみオプション設定可能な、フルレザーシート。

オプションはセットでの組合せとなりますが、約10万円の装備になります。

 

結論から言うと、標準シートでも合成皮革のコンビシートの為そこまで大きな影響はなさそうです。

革シートのオプションは省略しても問題ないでしょう。

 

サンルーフ

大型サンルーフ

サンルーフは約55,000円で装着可能なオプションです。

落札価格台数
サンルーフあり254万円9台
サンルーフなし237万円30台
差額17万円

装着している人は多くはありませんが、リセールからするとつけた方が良い装備になります。

55,000円のオプションで、17万円高く売れるのでお得ですね。

 

リセールが最も高くなる組合せ

オプション設定
プレミアムのメーカーオプションの組合せ

上記表のKI、本革シートを除いた全ての装備がついたパッケージがおすすめです。

これ以外にもナビもつけないといけない為、やはり予算としては車両代+50万円ぐらいを見ておく必要があります。

 

※ルーフレールはオークションで高く売れている車にはついているので、少し高い(55,000円!)ですがつけておきましょう。

 

まとめ

ということで、フォレスターのリセールバリューについて解説しました。

モデルチェンジの影響は大きいですが、現行モデルのリセール(3年落ち:75%~84%)は魅力的ですね!

 

次のフルモデルチェンジまで最低でもあと3年はありそうなので、今から新車を狙うのも遅くありません。

予算的にも幅広い方におすすめできる、万能な車種です。

 

それでは今回はここまで。

最後に【プロの査定士がプライベートでも使う】おすすめの買取サービスを紹介しています。車を手早く高く売りたい方はこれらを使えばOKです。

 

 

【プロの査定士がプライベートでも使う】おすすめの買取サービス

下取り車の有効活用

車を売るとき、「どこに頼めば高い査定を出してくれるのだろう?」と思うことはありませんか?

ここからは査定士の私や、同業界の人間がマイカーや親族の車を売るときに使っているサービスを紹介します。

必然的に色々迷わなくても相場の高値で売れるサービスだと思うのでおすすめです。

 

カーセンサー簡単ネット車査定

カーセンサー

カーセンサー簡単ネット車査定はリクルート社が運営する車の一括査定サービスです。

私も相場は読めますが(大体の限界値はわかる)、中には想定を超えた高値を出してくる業者もいるのでひとまず一括査定を利用しています。

おすすめする理由は2つ。

  1. 総合的に車が最も高く売れる買取サービスは一括査定だから
  2. その中でもカーセンサーは効率的に商談を進められるから

一括査定が結局は最もコスパが高い

もしオークション出品代行や個人間売買で車を売ることができれば、一括査定で買取店に車を売るよりも高く売ることが可能でしょう。

しかし安全に、確実に売れるという保証がなく、また名義変更や思った通りの価格で売れなかった際の対応など面倒な点があることも確かです。

なので「安全に」「確実に」「高値で売る」サービスとしては買取店での買取、つまり一括査定が最も有効な手となっています。

(業界人のマイカー売却は一括査定の後、オークション出品するかしないかの流れが多い。)

効率的に高く売れるのがカーセンサー簡単ネット車査定

カーセンサー簡単ネット車査定は、

  • 最も多くの買取店から提示を受けることができる(取捨選択できる幅が広い)
  • 連絡をもらう時間帯やメールでの連絡希望が出せる(メールの方が手元に残る)
  • 出張査定を希望するしないが選択できので、ある程度電話やメールで交渉できる

という点が優れています。(他の一括査定も色々試した結果)

要は一番厄介な電話対応や実車査定対応の負荷をある程度自分でコントロールすることができ、効率的に商談を進められるということです。

「今最も高くていくらで売れるのか」を調べたいなら、とりあえずカーセンサーがおすすめ。

≫カーセンサー簡単ネット車査定はこちら

1回の査定で高値売却を目指すなら「楽天Carオークション」

上記の一括査定と組み合わせると更に威力を発揮するのがこの「楽天Carオークション」

もちろん複数の業者の相手をするのが面倒という人が最初から依頼してもOK。

このサービスは1回の査定データに対し、全国2000社以上の中古車販売店がWEB上で入札してくるもので、更に効率的に売却できる方法です。

唯一の注意点は最低希望落札価格をいくらにするか。(ここを超えると売却となる。後悔のない現実的な価格設定をすることが重要)

必勝パターンとしては、上記のカーセンサー簡単ネット査定などで掴んだ買取相場を最低希望落札価格に設定すること。(二度手間だが)

そうすれば「相場以上の高値が出れば売る」「出なければ売らない」という形にでき、リスク0で更なる最高値を狙いに行けます。

下記クチコミです。


キノさん
一括査定と組み合わせて使えばほぼ最強。

≫楽天Carオークションに出品する

 

廃車ひきとり110番

廃車ひきとり110番

廃車ひきとり110番は、車を廃車するときに使うサービスです。

このサービスのいいところは、廃車する際の還付金が確認でき、きっちり返してくれるということ。

アシスタント
サポート
↑これは廃車においては重要!

車を廃車にした際、その買取額の中に重量税の還付や自賠責保険料の返礼金が含まれているか、確認していますか?

その返礼金だけで数万円になることも多く、必ず確認して戻してもらった方がお得です。

このサイトのトップページ下の「あなたの還付金を今すぐチェック!」から車の情報を入れれば、その場で還付額を知ることができます。

還付額をすぐに知る事ができる
この場合車の買取代とは別に47,173円戻ってくる

上記の通り廃車時は、

  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険

の還付を受けることができるのですが、実際には還付金の説明を行わず、無料等で廃車買取をしているサービスもたくさんあります。

キノさん
そもそも気にしている人が少ない。

 

特に「車検がまだたくさん残っている場合」はほぼ確実にたくさん返ってきます。

廃車時もきっちり貰えるものは貰うという姿勢が大事です。

≫廃車ひきとり110番で廃車する

 

事故車買取の<タウ>

タウ

タウは「事故車」や「水害車・水没車・冠水車」を専門として買取をしている業界の最大手です。

地震や洪水の際、災害復旧でテレビで取り上げられたりもしている会社なので知っている人もいるかもしれません。


全国に支店があるので、出張査定も迅速な対応が可能。

多くの買取店は普通の車を得意としているので、「事故車」や「水害車」の査定は得意ではありません。(うちはほぼタウに丸投げ。)

注意点として、彼らは普通の車も査定買取しています(輸出ノウハウは持っている為)が、その場合の査定額はそこまで高くないこと。

しかし「事故車」「水害車」では間違いなく業界トップの販路と体制を持っているので、餅は餅屋で使い分けることが大切です。

≫事故車買取のタウに査定を依頼する