NBOXのリセールと5年落ち・7年落ちの下取り・買取価格

NBOXのリセールを解説

軽自動車で今最も売れているホンダのNBOX。

人気があるだけに当然、売る時の価格も気になりますよね。

本記事ではNBOX・NBOXカスタムのリセールバリュー(買取相場)を現役査定士の知識を活かして徹底解説します。

新車から3年、5年、7年の車検に合わせたリセールについても調べていますので是非参考にしてください。

 

この記事でわかること
・NBOXの新車から3年、5年、7年後の買取相場

・リセールバリューの高いグレード

それでは早速見ていきましょう。

キノさん
車買取で10年のキャリアと、これまで2,500台を買取してきた経験から詳しくお伝えします!

 


ー先にわかる結論ー

 カスタムかどうかで迷うならカスタムを買え

 5年でグレード平均リセールは45%。年数経過に応じて下がる。

 軽自動車としては高いが、輸出されない分全体としては平均的なリセール

 

ー詳しくは記事内容へー


リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)を表す意味で用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

キノさん
以前に比べるとユーザーへの直販が増えていますが、それでも多くの業者が仕入れ値(買取額)はオークションデータを元に算出しています。

 

3年後の買取相場

1回目の車検を迎える、新車から3年後(平成29年式)について見ていきます。

平成29年9月にフルモデルチェンジがありますので、前と後の両方を解説します。

【調査条件】

  • 平成29年式の2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

【NBOX】の買取相場

【結果:フルモデルチェンジ後】

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
Gホンダセンシング1,385,640円88万円
64%
G・Lホンダセンシング1,499,040円95万円
63%
G・EXホンダセンシング1,596,240円105万円
66%
G・EXターボホンダセンシング1,749,600円110万円
63%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより算出
※残価率=買取相場/新車価格(%)

【結果:フルモデルチェンジ前】

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
C1,198,000円55万円
46%
G1,270,000円60万円
47%
G・Lパッケージ1,370,000円77万円
56%
G・SSパッケージ1,460,000円80万円
55%
G・ターボLパッケージ1,470,000円81万円
55%
2トーンカラーG・SSパッケージ1,519,400円90万円
59%
GターボSSパッケージ1,620,000円90万円
56%
2トーンカラーGターボSSパッケージ1,750,000円データなし
【3年後・平成29年式】残価率と買取相場の平均
(FC後)H29/9〜64%・100万円
(FC前)〜H29/853%・76万円

【NBOXカスタム】の買取相場

【結果:フルモデルチェンジ後】

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
G・Lホンダセンシング1,698,840円116万円
68%
G・EXホンダセンシング1,752,840円121万円
69%
G・Lターボホンダセンシング1,895,400円132万円
70%
G・EXターボホンダセンシング1,949,400円132万円
68%

【結果:フルモデルチェンジ前】

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
G1,480,000円77万円
52%
G・Lパッケージ1,560,000円90万円
58%
G・SSパッケージ1,645,000円100万円
61%
G・ターボLパッケージ1,670,000円88万円
53%
2トーンG・SSパッケージ1,704,400円データなし
GターボSSパッケージ1,750,000円105万円
60%
2トーンGターボSSパッケージ1,809,400円データなし
【3年後・平成29年式】平均残価率と平均買取相場
(FC後)H29/9〜69%・125万円
(FC前)〜H29/857%・92万円

 リセールが高い装備・条件

リセールが高い装備

上の図は、NBOXのGLパッケージ(JF3)のオークション落札結果 を金額を高い順に並べたものです。

落札結果が高いものには、

  • 色がパールホワイト又は黒が多い(茶色も人気)
  • 両側パワースライドドア装備のものが多い

という傾向があることがわかります。

ちなみにナビは純正と社外で大きな差は出なさそうです。

ナビの新しさや、走行中の地デジ閲覧ができるかなど、機能面の方が重視されます。

落札額の低い、ナビマークのないものに関しては「穴あき」(ナビが取り外されて穴が空いている)のものもあり価格が低くなっています。

 

5年後の買取相場

2回目の車検を迎える、新車から5年後(平成27年式)について見ていきます。

平成27年2月にビッグマイナーチェンジしていますが、2月なのでモデルチェンジ後を対象に解説します。

【調査条件】

  • 平成27年式の2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

【NBOX】の買取相場

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
G1,270,000円50万円
39%
G・Lパッケージ1,370,000円55万円
40%
G・SSパッケージ1,460,000円66万円
45%
G・ターボLパッケージ1,470,000円68万円
46%
2トーンカラーGLパッケージ1,429,400円70万円
49%
GターボSSパッケージ1,620,000円データなし
2トーンカラーGターボSSパッケージ1,750,000円データなし
残価率と買取相場の平均44%・62万円

【NBOXカスタム】の買取相場

参照元;グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
G・Lパッケージ1,560,000円75万円
48%
G・SSパッケージ1,650,000円70万円
42%
G・ターボLパッケージ1,670,000円80万円
48%
2トーンGLパッケージ1,619,400円85万円
52%
2トーンGターボLパッケージ1,729,400円90万円
52%
残価率と買取相場の平均48%・80万円

リセールが高い装備・条件

リセールが高いデータ

上の図は、「平成27年式NBOXカスタムのGターボLパッケージ」のオークション落札結果 を金額を高い順に並べたものです。

落札結果が高いものには、

  • パールホワイト、黒が多い(紫や赤系は低い)
  • 車両の評価点が高い

という傾向があります。

約20万円ぐらい上下で差がありますが、色と車両状態に依って分かれそうです。

 

7年後の買取相場

3回目の車検を迎える、新車から7年後(平成25年式)について見ていきます。

平成27年2月にビッグマイナーチェンジしていますが、2月なのでモデルチェンジ後を対象に解説します。

【調査条件】

  • 平成27年式の2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

【NBOX】の買取相場

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
G1,260,000円33万円
26%
G・Lパッケージ1,360,000円44万円
32%
G・SSパッケージ1,390,000円44万円
32%
G・ターボパッケージ1,460,000円46万円
32%
GターボSSパッケージ1,490,000円データなし

【NBOXカスタム】の買取相場

参照元:グーネット

グレード新車価格買取相場
残価率
G1,450,000円50万円
34%
G・Lパッケージ1,550,000円55万円
35%
G・SSパッケージ1,590,000円55万円
35%
G・ターボパッケージ1,660,000円56万円
34%
GターボSSパッケージ1,680,000円58万円
35%
【平成25年・7年後】残価率と買取相場の平均
NBOX31%・42万円
NBOXカスタム35%・55万円

リセールが高い装備・条件

リセールの高い装備

上の図は、「平成25年式NBOXカスタム・GLパッケージ」のオークション落札結果 を金額を高い順に並べたものです。

落札結果が高いものには、

  • 走行距離が少ない

という傾向があります。

逆に7年落ちぐらいの年式だと、色や装備などの差が小さくなります。

単純に車の寿命として、走行距離が価格にダイレクトに反映されています。

 

NBOXのリセールまとめ

新車から7年後までのリセールをグラフにすると次の様になります。

NBOXリセールバリューのまとめグラフ

  • カスタムの方がリセールが全体的に高い
  • 軽自動車の中ではリセールは高い部類だが、人気車種の為球数も多く、古いモデルになるに連れリセールは落ちる
  • 5年で新車価格の約45%のリセールと覚えておこう

軽自動車の中ではダントツの人気を誇る車種だけにリセールも高めかと思いましたが、

普通車も含めて考えるとそこまで高くない結果でした。

ノーマルタイプかカスタムタイプかの購入で迷われている方は、間違いなくカスタムタイプを買うのがお勧めですね。

以上、参考にして頂けると幸いです。

キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。
NBOXカスタムは格好もよく、リセールも高いのでこれからも圧倒的に売れそう。