NBOX・NBOXカスタムのリセールと残価率を中古車査定士が解説

NBOX・NBOXカスタムのグレード別のリセールバリュー(残価率)とリセールの高い仕様について中古車査定士が詳しく解説します。

登録当年、3年後、5年後、7年後、10年後の残価率をまとめたので、購入の材料にしてください。

キノサン
結論、NBOXのリセールは全体的に高め(★★★★☆)です!

ちなみにリセールバリューが気になる人は、今乗っている車もできるだけ高く売りたいですよね?

下記から車査定に申込んで頂いた方には、筆者の相場診断を無料でプレゼント!事前に買取相場を把握して、交渉を優位に進めて車を高く売ろう!

≫ 相場診断がついてくる査定依頼はこちら

車を高く売る時のポイントは
「事前に買取相場を正確に知っておくこと」
査定依頼と並行して相場診断を受けたい方は
下記の専用ページからお申込みください

\売却後のトラブルを回避する方法も伝授!/
【相場診断付き】専用申込ページ

【経過年数とグレード別】NBOXのリセールバリュー

経過年数とグレード別のNBOXのリセールバリュー

NBOX・NBOXカスタムの登録当年・3年・5年・7年・10年落ちのリセール(残価率)を記載します。

残価率とは買取価格/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
経過年数/年式
モデル
残価率/買取額
NBOX
残価率/買取額
NBOXカスタム
当年車/R4年
JF3系後期
94%/160万円
★★★★★
94%/185万円
★★★★★
マイナーチェンジ(JF3系前期→後期)
3年落ち/R1年
JF3系前期
70%/114万円
★★★★☆
75%/136万円
★★★★☆
5年落ち/H29年
JF3系前期
60%/94万円
★★★★☆
64%/117万円
★★★★☆
フルモデルチェンジ(JF1系後期→JF3系前期)
7年落ち/H27年
RK系後期
37%/54万円
★★☆☆☆
42%/69万円
★★★☆☆
マイナーチェンジ(JF1系前期→後期)
10年落ち/H24
RK系後期
21%/27万円
★★★☆☆
24%/36万円
★★★☆☆

※買取額は全グレードの平均

NBOXのリセールのポイント!
  • リセールは年々落ちていくものの全体的に高い。カスタムの方がリセールが良い
  • マイナーチェンジとフルモデルチェンジでの残価率の減少度合いは変わらない
  • グレードはL以上がおすすめ。両側電動ドアとナビがリセールに影響を与える装備
キノサン
年数別のリセール(残価率)について下記で詳しく紹介します。
  • 当年車のリセール:残価率94%
  • 3年後のリセール:残価率72%
  • 5年後のリセール:残価率62%
  • 7年後のリセール:残価率39%
  • 10年後のリセール:残価率22%

ひとつずつ詳しく解説します。

当年車のリセール:残価率94%

登録当年車(JF3系後期)のリセールを調査。当年車の平均残価率(買取額)は

  • NBOX:94%(160万円)
  • NBOXカスタム:94%(185万円)

となりました。(2WDのみ)

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【NBOX】
G(2WD)1,448,700円
0.1km
81件
140万円
97%
L(2WD)1,579,600円
0.1km
137件
153万円
97%
EX(2WD)1,678,600円
0.1km
6件
155万円
92%
Lターボ(2WD)1,778,700円
0.2km
12件
167万円
94%
Lコーディネートスタイル(2WD)1,799,600円
0km
51件
167万円
93%
Lターボコーディネートスタイル(2WD)1,909,600
0km
3件
177万円
93%
【NBOXカスタム】
L(2WD)1,789,700円
0km
445件
170万円
95%
EX(2WD)1,899,700円
0km
3件
175万円
92%
Lターボ(2WD)1,988,800円
0.1km
136件
187万円
94%
EXターボ(2WD)2,039,400円
0km
16件
185万円
91%
Lコーディネートスタイル(2WD)1,998,700円
0km
34件
182万円
91%
Lスタイルプラスブラック(2WD)1,929,400円
0.1万km
72件
182万円
94%
Lターボスタイルプラスブラック(2WD)2,057,000円
0.1万km
75件
200万円
97%
Lターボコーディネートスタイル(2WD)2,119,700円
0.1万km
29件
200万円
94%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

ほぼ未使用のNBOX・NBOXカスタムの残価率は、新車カタログ価格に対し94%という結果となりました。

この段階ではNBOXとNBOXカスタム、またグレードによるリセール差は見られません。

NBOXは、購入以外にもカーリースと非常に相性が良い車です。

ニコノリのカーリースでは、業界最安水準でありながら、リース終了後は車を買い取れるので、高いリセールバリューも無駄になりません。

最短2週間の即納車もご用意。車検も維持費も込みで一定額を払い続けるだけなので、車の支払い管理やメンテナンスの手間が楽になりますよ。

NBOXリース一例
台数限定で即納車もご用意!まずは簡単5分のスピード審査へ

≫ニコノリ(公式HP)

 

3年後のリセール:残価率72%

3年後のリセールをJF3系前期モデルから算出。3年後の平均残価率(買取額)は

  • NBOX:70%(114万円)
  • NBOXカスタム:75%(136万円)

となりました。(2WDのみ)

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【NBOX】
Gホンダセンシング(2WD)1,411,300円
3.8km
65件
88万円
62%
G・Lホンダセンシング(2WD)1,543,300円
2.9km
238件
110万円
71%
G・EXホンダセンシング(2WD)1,642,300円
2.3km
17件
122万円
74%
G・Lターボホンダセンシング(2WD)1,738,000円
2.5km
41件
125万円
72%
G・EXターボホンダセンシング(2WD)1,793,000円
3.1km
10件
127万円
71%
【NBOXカスタム】
G・Lホンダセンシング(2WD)1,698,840円
2.9km
291件
127万円
75%
G・EXホンダセンシング(2WD)1,752,840円
3.0km
29件
133万円
76%
G・Lターボホンダセンシング(2WD)1,895,400円
2.9km
207件
138万円
73%
G・EXターボホンダセンシング(2WD)1,949,400円
2.9km
31件
145万円
74%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

3年落ちのNBOXは、カスタムの方が少しリセールバリューが高いということがわかります。

NBOXの場合は真ん中以上のグレードが将来のリセール的には良いでしょう。

ちなみにNBOXを高く売りたい方は、最大20社の買取見積もりが取れて、車を見せるのは3社だけで済むMOTAの車買取がおすすめです。

軽自動車の再販は小売りがメイン。各店舗によって若干値付けが異なるので、効率的にできるだけ多くの業者に見せて比較してみるのが良いです。

≫MOTAの車買取(公式HP)

 

5年後のリセール:残価率62%

5年後のリセールをJF3系前期モデルから算出。5年後の平均残価率(買取額)は

  • NBOX:60%(94万円)
  • NBOXカスタム:64%(117万円)

となりました。(2WDのみ)

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【NBOX】
G(2WD)1,385,640円
4.5km
45件
78万円
56%
G・Lホンダセンシング(2WD)1,499,040円
4.2km
156件
94万円
63%
G・EXホンダセンシング(2WD)1,596,240円
3.4km
63件
100万円
63%
G・Lターボホンダセンシング(2WD)1,695,640円
4.1km
31件
105万円
62%
G・EXターボホンダセンシング(2WD)1,749,600円
4.3km
10件
95万円
54%
【NBOXカスタム】
G・Lホンダセンシング(2WD)1,698,840円
4.9km
146件
111万円
65%
G・EXホンダセンシング(2WD)1,752,840円
4.7km
69件
112万円
64%
G・Lターボホンダセンシング(2WD)1,895,400円
4.6km
164件
123万円
65%
G・EXターボホンダセンシング(2WD)1,949,400円
4.9km
85件
120万円
62%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

5年落ちのNBOXのリセールは、3年落ちに引き続きカスタムの方が少し高い結果となりました。

ここまでを通してみると、ターボが特に不要であれば、ターボなしの最上級グレードが最もリセールが高く安定していると言えます。

≫【NBOXの中古車を探しに役立つ!】大手買取店の非公開在庫から車が探せる便利なサービス

 

7年後のリセール:残価率39%

7年後のリセールをJF1系後期モデルから算出。7年後の平均残価率(買取額)は

  • NBOX:37%(54万円)
  • NBOXカスタム:42%(69万円)

となりました。(2WDのみ)

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【NBOX】
G(2WD)1,270,000円
7.8km
35件
40万円
31%
G・Lパッケージ(2WD)1,429,400円
6.5km
164件
55万円
38%
G・SSパッケージ(2WD)1,440,000円
7.0km
92件
53万円
37%
G・Lターボホンダセンシング(2WD)1,529,400円
6.4km
43件
57万円
37%
G・ターボSSパッケージ(2WD)1,649,400円
6.1km
4件
67万円
41%
【NBOXカスタム】
G(2WD)1,520,000円
6.5km
2件
67万円
44%
G・Lパッケージ(2WD)1,619,400円
7.0km
126件
65万円
40%
G・SSパッケージ(2WD)1,630,000円
6.5km
102件
70万円
43%
G・ターボLパッケージ(2WD)1,729,400円
7.1km
143件
75万円
43%
G・ターボSSパッケージ(2WD)1,809,400円
7.4万km
20件
70万円
39%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

7年落ちのNBOXのリセールは、前型(JF1系)ということもあり大きく落ちました。

引き続きNBOXカスタムの方がリセールはずっと高いので、予算を確保できるのであれば少し高くてもカスタムの方が売却時にメリットが出ます。

 

10年後のリセール:残価率22%

10年後のリセールをJF1系前期モデルから算出。10年後の平均残価率(買取額)は

  • NBOX:21%(27万円)
  • NBOXカスタム:24%(36万円)

となりました。(2WDのみ)

引用:https://www.goo-net.com/
グレード新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【NBOX】
G(2WD)1,240,000円
10.1km
116件
23万円
19%
G・Lパッケージ(2WD)1,340,000円
9.1km
571件
30万円
22%
【NBOXカスタム】
G(2WD)1,440,000円
9.7km
27件
34万円
24%
G・Lパッケージ(2WD)1,550,000円
10.2km
502件
35万円
23%
G・ターボパッケージ(2WD)1,660,000円
10.3km
146件
40万円
24%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

NBOXの10年落ちのリセールは、10年落ちの平均的な残価率より高い数値です。

長期で乗ることに向いている車です。

 

1年毎のリセールバリューの変化

1年毎の買取額から、リセールバリューが毎年どれくらい落ちているのかを調べました。

※グレード:L(G・L、Lパッケージ)にて。

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)
当年もの/JF3系後期
(0.1万km)
153万円
1年落ち/JF3系後期
(0.8万km)
134万円
(−19万円)
マイナーチェンジ:JF3系前期→後期
2年落ち/JF3系前期
(2.1万km)
115万円
(−19万円)
3年落ち/JF3系前期
(2.9万km)
110万円
(−5万円)
4年落ち/JF3系前期
(3.7万km)
97万円
(−13万円)
5年落ち/JF3系前期
(4.2万km)
94万円
(−3万円)
フルモデルチェンジ:JF1系→JF3系
5年落ち/JF1系後期
(4.5万km)
78万円
(−16万円)
6年落ち/JF1系後期
(6.2万km)
62万円
(−16万円)
7年落ち/JF1系後期
(6.6万km)
55万円
(−12万円)
マイナーチェンジ:JF1系前期→後期
8年落ち/JF1系前期
(8.2万km)
40万円
(−15万円)
9年落ち/JF1系前期
(8.6万km)
35万円
(−5万円)
10年落ち/JF1系前期
(9.1万km)
30万円
(−5万円)

大きく落ちているところを赤字で記しました。L(2WD)の新車価格は158万円です。

大きめに落ちるのは、モデルチェンジの年と、1年落ち・2年落ち・4年落ちの高年式のところ。

マイナーチェンジとフルモデルチェンジで落ち幅は変わらないほか、全体的な落ちも緩やかなので、焦って早く手放す必要はありません。

維持費が安いので非常にコスパが高く、さすがは人気の軽自動車です。

 

NBOXのリセールを上げるポイント

NBOXのリセールのポイント

キノサン
NBOXのリセールバリューを上げるポイントを紹介します。
  • リセールバリューの高い色
  • リセールの高いオプション

ひとつずつ詳しく解説します。

リセールバリューの高い色

外装色によるリセール差を中古車オークションから調べた結果です。

台数/走行距離平均価格
パールホワイト268台/3.3万km🥇129万円
クロ332台/3.6万km🥈123万円
グレー53台/2.8万km121万円
シルバー19台/2.9万km🥉122万円
チャ54台/4.2万km114万円
ムラサキ57台/3.4万km119万円
アオ30台/3.1万km120万円
アカ18台/3.1万km121万円

※n=831 JF3系前期 G・Lホンダセンシングにて算出

最もリセールバリューが高いのはパールホワイトです。

プラチナホワイト・パール ★2

人気はクロの方がありそうなのに対し、リセールでは僅かにパールホワイトの方が上回ります。

その他の色はほぼ横並びです。

アカ、アオ、シルバーは最も人気の低い色で、リセールもそこまで良くはありません。

 

リセールバリューの高い装備・オプション

リセールに重要なオプションとしては、

  • 両側パワースライドドア
  • ナビ

が挙げられます。

パワースライドドアは両側が基本!

両側パワースライドドア

後部ドアがスライド式の車では、両側パワースライドドアであることが大きなセールスポイントになります。(EXには標準装備)

グレードがGまたはLの場合は、運転席側もパワースライドドアをつけるのがおすすめです。

ナビは大きいほど評価される!

ナビは大きいほど有利

JF3系後期モデルになって8インチナビがディーラーオプションで設定されました。

約15万円のオプションになり、車格に対して最大のオプションです。

しかし売却時にはメリットにはなるので、予算に収まるようであれば実用性の高い8インチナビがおすすめです。

 

NBOXを売るタイミングや購入する際のポイントは?

NBOXを売るタイミングやおすすめ度について

リセールの観点からNBOXの売り時と車購入時のポイントを紹介します。

NBOXはリセールバリュー的に何年後に売るのがベスト?

リセールバリューが悪くないNBOXは、新車から7年〜9年後ぐらいに売るのがおすすめです。

NBOXのリセールの特徴として、

  • リセールは一定の速度で落ち続ける。ただしその傾きが緩やか
  • 10年落ちなど古くなるに連れ、リセールバリューが他の車より高い

というのがあります。

その為いつ乗り換えてもリセール的なデメリットはなく、軽自動車なのでコスパも高く、特段早く乗り換える理由がない車になります。

新車のNBOXをリセール前提で買う時のポイント

新車のNBOXを買う時のポイントとしては、グレード・ボディカラー・装備を気にするぐらいです。

リセールは毎年落ちるものの、その傾きは小さく価値の減少ペースは緩やか。

あまり細かいことは気にせず買っても特段問題はないでしょう。

ちなみにNBOXは、購入以外にカーリースという選択肢もおすすめです。

NBOXのカーリース
台数限定で即納車もご用意!まずは簡単5分のスピード審査へ

ニコノリのカーリースでは、業界最安水準でありながら、リース終了後は車を買い取れるので、高いリセールバリューも無駄になりません。

最短2週間の即納車もご用意。車検も維持費も込みで一定額を払い続けるだけなので、車の支払い管理やメンテナンスの手間が楽になりますよ。

≫ニコノリ(公式HP) 

アシスタント
サポート
中古車リースの場合は最短3日で納車できるとか!?

 

中古車のNBOXをリセール前提で買う時のポイント

中古車のNBOXのポイント

中古車のNBOXを買う時のポイントとしては2つの考え方があります。

  • リセールの良い仕様を買って将来高く売る
  • リセールが普通の仕様を買って乗り潰す

です。

リセールの良い仕様としては、色や装備、走行距離が少ないものになり、綺麗に乗って先々高値で売ることを狙いましょう。

逆に乗り潰す場合は、色が不人気色(アオ、アカ、シルバー、チャ)で、走行距離が多め、装備も少なく、購入費用を抑えるのがポイント。

NBOXはかなり使い倒しても故障が少なく、リセールは10年落ちでも20万円〜30万円はあるので、乗り潰すという感覚を持つ必要はないでしょう。

NBOXの中古車を探すなら!業者の非公開在庫もチェックしよう

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを活用するのがおすすめです。

公開前の非公開在庫と中古車オークションから希望の車を探してくれるので、希望のスペックの車が早く、簡単に見つかります。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は早めに登録しましょう。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
NBOXの非公開在庫を見る

 

【中古車査定士が解説】車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

車を最大限高く売ろう

ディーラーの下取りと中古車買取サービスを比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスの方が高い買取額が出ます。

アシスタント
サポート
中には100万円近く下取りと買取で差が出る場合もありますよ!

しかしどこに査定を頼めば安心して、高く買取りしてもらえるのか、色々わからなかったり不安なことも多いですよね。

そこで今回は中古車査定士の筆者が車を売る時に使う(査定を依頼している)買取サービスを参考まで紹介します。

基本的に査定は無料です。筆者はオークション形式と一括査定の両方を使って、条件や価格を比較して、最終的にどこに売るかを決めています。

すぐに車を手放せる人は効率と価格の両取りの「オークション形式」

車をすぐに手放せる人(1ヵ月以内に売却可能)は、手間をかけずに高値で売却できる「オークション形式」の売却がおすすめです。(無料)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がWeb上でオークション形式で入札してくる方式のこと。

オークションの結果が安かった(売れない)場合は無料でキャンセルもできます。

おすすめは楽天が運営している楽天Car車買取です。

実際の流れは下記のようになります。

車の内容と連絡先を記載して査定を依頼
楽天より査定日時の連絡がくる
自宅等で車の査定をしてもらう
査定の結果からオークションの金額設定をする
査定の2日後にオークションが開催(webで確認)
結果に対し売却する・しないの判断をする
売却する場合は1ヵ月以内に車を引き渡す
しない場合はそこでサービス終了

結果が出るまでかなりスピーディなのが特徴。

それでありながら、一括査定で5社以上と頑張って交渉した価格の上位1位〜3位レベルの価格が出るのでかなり効率の良い売却方法だと言えます。

例えば納車が先で1ヵ月以内に売却できなくても、納車まで1ヵ月を切ったぐらいのタイミングで査定を依頼すれば問題ありません。

web上で競り上がっていくオークション状況が見えるのですが、それだけでも斬新で価値があり、中々画期的な売却システムです。

<楽天Car車買取の特徴>

車の一括査定楽天Car車買取
入札業者数多くて10社2000社以上
手間(電話対応、査定対応、価格交渉)×業者数楽天の査定担当者との調整のみ
利用料無料無料
引き渡し業者との交渉1ヵ月以内の引渡し

≫楽天Car車買取(公式HP)

 

すぐに車を手放せない人は引渡しの融通が利きやすい「一括査定」

  • 車の納車時期がはっきりしていない…
  • 次に買う車が決まっていない…
  • 買取額を元にディーラーと商談したい…

というすぐに車を手放せる状態にない人は「車の一括査定」を利用しましょう。

おすすめはMOTA(モータ)車買取です。

このMOTA車買取はこれまでの一括査定のデメリットを打ち消す凄い特徴を持った一括査定です。

<MOTA車買取の特徴>

一般の一括査定MOTA車買取
最大比較社数10社20社
電話社数10社3社
Web上での概算査定額比較なしあり
利用料無料無料

最大20社に見積もり依頼ができ、概算査定額で比較が行われ、電話連絡が来て車を実際に見せるのは上位3社のみで構いません。

全業者の概算査定額が申込みの翌日18時に開示されるので、公平に上位3社を選ぶことができます。

一括査定で1番のネックは1社1社と電話で打ち合わせをして、査定日程を調整したりすること。

キノサン
結局高く売るには業者1社1社との交渉が必要だったのですが、これを使えば優良買取店だけが残るので楽!

最終的には各業者との打ち合わせになるので、引渡し時期や条件などは個別に相談できる、融通の利きやすい売却方法です。

≫MOTA車買取(公式HP)

 

NBOXのリセールまとめ

全国で最も売れている車のNBOXは、リセールが落ちにくく、また古くなっても廃車になりにくいコスパの良い車ということがわかりました。

軽自動車は基本的にあまり中古車として輸出されないので、国内でこれだけ人気の高い車だとやはりリセールバリューにもプラスに働いています。

人気のスーパーハイトワゴンはまだまだ強しといったところでしょう。

NBOXのポイントをおさらい!
  • リセールは年々落ちていくものの全体的に高い。カスタムの方がリセールが良い
  • マイナーチェンジとフルモデルチェンジでの残価率の減少度合いは変わらない
  • グレードはL以上がおすすめ。両側電動ドアとナビがリセールに影響を与える装備

以上のポイントを頭に入れて、NBOXの購入に役立ててみてください。

本記事は以上となります。


車のリセールバリューに興味がある方は、ぜひ他の記事もご覧ください。

良いカーライフを。

≫【関連記事】リセールバリューの高い車を全車種の中からランキングで紹介(2022年最新版)

≫【関連記事】リセールバリューの軽自動車をランキング形式で紹介

NBOXを買うならカーリースも検討してみませんか?

ニコノリ業界最安水準で即納車もあり、リース終了後は車を買い取れるので長納期を待って購入するよりメリットがあります。

一般的にリースのデメリットは車を返さなければならないことですが、満了後は買い取れるのでリセールが無駄になりません。

買うかカーリースにするかは、価格と納期と手間を総合的に考えてから判断するのがこれからの時代は得策ですよ。

\業界最安!新車がもらえるカーリース/
ニコニコカーリースのニコノリ