軽自動車のリセールバリューをランキングで紹介!軽のおすすめはこれ

軽自動車のリセールバリューをランキングで紹介!軽のおすすめはこれ

リセールの良い軽自動車といえばどれ?

やっぱり売れているNBOXが高いの?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回は「リセールバリューの良い軽自動車」、つまり将来下取りや売却する時に高く売れる軽自動車をランキングで紹介します。

通勤等で毎日使う人も多い軽自動車ですが、どうせなら価値が残りやすい、将来高く売れる車を選びたいですよね。

本記事では普段から中古車買取をしている筆者が実際に調べたデータから詳しくご紹介します。

軽自動車を買おうと思っている人にはおすすめ!

軽自動車の残価率をランキングで紹介

まずは軽自動車の経過年数別のリセールバリュー(残価率)をランキングで紹介します。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で値持ちの良さを表します。
アシスタント
サポート
リセールにはモデルチェンジが大きく影響します。その為順位はその都度入れ替わります。

3年後の残価率ランキングTOP10

3年後は1回目の車検タイミング。

新車から3年後に価値が高い車はこれ!

順位車種残価率
🥇1位スズキ・ジムニー105%
🥈2位スズキ・ハスラー74%
🥈2位ホンダ・S66074%
4位ホンダ・NBOXカスタム69%
5位ダイハツ・タントカスタム 68%
6位スズキ・スペーシアカスタムZ65%
7位ホンダ・NBOX64%
8位日産・ルークス58%
9位ダイハツ・タント57%
10位スズキ・スペーシアカスタム50%

※各車種のリンクから個別ページへ飛べます。

ジムニーはまだまだ生産が需要に追いついていない感があります。

モデルチェンジから3年が経っていますが、すごいことです。

売れ筋のスーパーハイトワゴン(NBOX・タント・スペーシア・ルークス・ekスペース)よりもハスラーやS660の方がリセールは高いと言えます。

キノサン
S660やコペンなどのオープンモデルもリセールはいいです。

5年後の残価率ランキングTOP10

5年後は2回目の車検。

意外と5年で乗り換える人も多いですね、モデルチェンジの周期(大体7年)を考えるとこの辺りで売るのが1番得かも。

順位車種残価率
🥇1位ホンダ・S66063%
🥈2位スズキ・ジムニー59%
🥉3位スズキ・ハスラー57%
4位ダイハツ・タントカスタム50%
5位ホンダ・NBOXカスタム48%
6位ホンダ・NBOX44%
7位日産・ルークス43%
8位スズキ・スペーシアカスタム43%
9位ダイハツ・タント42%
10位スズキ・スペーシア40%

上位の順位はあまり変わっていないと言えます。

5年後に残価率50%以上の車は、意外と少ないことがわかります。

軽自動車のリセールはそこまで高くなく、燃費・自動車税・車検代等の維持費を含めたトータルでコスパの良い車というのが正しい認識です。

キノサン
軽自動車はリセールの良い車ではなく、総合的なコスパが良い車。

 

7年後の残価率ランキングTOP10

7年後の残価率TOP10になります。

ここ数年で発売された車種もあり、7年前に存在していない車種は必然的にランク外としています。

とはいえ7年も経てば軽自動車もリセールはかなり低いので、総合的にどのタイミングで乗り換えるのが有利なのかを考えることが大切です。

キノサン
車を買う時は出口(売る時)のことも考えて買うのがおすすめ。
順位車種残価率
🥇1位スズキ・ジムニー52%
🥈2位ダイハツ・タントカスタム45%
🥉3位ダイハツ・タント39%
4位ホンダ・NBOXカスタム35%
5位スズキ・スペーシアカスタム33%
6位ホンダ・NBOX31%
7位スズキ・スペーシア25%
8位%
9位%
10位%

型落ちのジムニー7年落ちでも新車価格の半分の価値があり、そう考えるとジムニーブランドの凄さがわかりますね。

年式がある程度経てばNBOXよりタントカスタムのリセールがなぜかよくなったりします。

軽自動車はここに走行距離も大きく絡んできます。

あまりに走りすぎた場合、軽自動車と言えども廃車に近くなってしまう場合もあります。

 

欲しい中古車がある人は業者の非公開在庫のチェックがおすすめ!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用しましょう。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任の担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスですよ。

\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
大手中古車店の非公開在庫を見る

車種別の総合ランキング

ここからは筆者の解説も交えながら、総合的にリセールの高い軽自動車を紹介していきます!

キノサン
リセールの高い軽自動車、総合おすすめランキングです!

1位:スズキ・ジムニー

参照元:グーネット

≫【関連記事】ジムニーのリセールについて詳しく知りたいならこちら

【リセールバリュー(残価率)】

経過年数ジムニー
3年落ち
H30年
105%
★★★★★
H30/7:JB64系にフルモデルチェンジ
5年落ち
H28年
59%
★★★☆☆
7年落ち
H26年
52%
★★★★☆
10年落ち
H23年
33%

作っても作っても需要に追いつかない。

そんな状態が続いているジムニー。

発売から3年が経過している今も新車の在庫は即売れている状況なのですごいです。

フルモデルチェンジ前のリセールでも新車の半値程度はありますから、将来的にもリセールにおいては絶対安泰な車種だと言えます。

あわせて読みたい

この記事のまとめ・ジムニーのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!・新車から3年〜10年経過時の残価率や下取り・買取相場の目安がわかります!・リセールの高いグレードや色、査定の時に差がつく装備等も紹介![…]

【中古車査定士が教える!】ジムニーのリセールバリューを徹底解説

 

2位:ホンダ・S660

参照元:グーネット

【リセールバリュー(残価率)】

経過年数残価率
2022年3月で生産終了アナウンス→完売
R2/1:JW系後期にマイナーチェンジ
3年落ち
H30年式
74%
★★★★☆
5年落ち
H28年式
63%
★★★★☆

S660の新車販売受付は既に終了しています。

S660においては新車終了によりリセールにプラスの影響があると予想されます。

特にモデューロXやバージョンZの限定車は今後価値が高まるでしょう。

キノサン
純粋に国内の需要だけでリセールに影響があると予想。
あわせて読みたい

この記事の内容・ホンダのミニスーパーカー「S660」のリセールを中古車査定士が解説!・3年/5年落ちのリセールバリューとリセールの高い仕様がわかる!・今後中古車を購入する際のポイントや、人気の色についても詳しく解説![…]

S660のリセールバリューをプロの査定士が数字で解説!

3位:ハスラー

参照元:グーネット

スズキのハスラーはNBOX、タント、スペーシアを上回るリセールの高い軽自動車。

軽自動車クロスオーバーのポジションを確立しており、男性・女性両方の支持があるのが強いですね。

競合のタフトはハスラーに大きく遅れて発売されており、今後どこまでハスラーユーザーを捉えられるかといったところ。

ハスラーの様な車を買いたい人は、他に迷う選択肢が少ないことがハスラーの強さにも繋がっています。

あわせて読みたい

ハスラーの新車から3年・5年・7年後のリセール(下取り/買取相場)をグレード別にお伝えします。リセールに関わる色やオプション、今後のモデルチェンジ、お得な中古車の買い方についても記載しましたので是非参考にしてみてください。こ[…]

ハスラーのリセールバリューと下取り/買取価格を詳しく解説

 

4位:NBOX/NBOXカスタム

参照元:グーネット

【リセールバリュー(残価率)】

経過年数NBOXNBOXカスタム
R2/12:JF3系後期にマイナーチェンジ
3年落ち
H30年
63%
★★★☆☆
71%
★★★★☆
H29/9:JF3系にフルモデルチェンジ
5年落ち
H28年
50%
★★★☆☆
53%
★★★☆☆
H27/2:JF1系後期にマイナーチェンジ
7年落ち
H26年
31%
★★☆☆☆
35%
★★☆☆☆
10年落ち
H23年
20%

日本で最も売れている軽自動車 、NBOXです。

当然NBOXノーマルよりカスタムの方がリセールは良くなります。

年数が新しければ新しいほどカスタムがリセールは有利ですが、年数の経過と距離の増加に比例して残価率の差は小さくなります。

いつまで乗るか、出口のことまで考えてモデルを選択するようにしましょう。

あわせて読みたい

この記事のまとめ・NBOXのリセールバリューをプロの中古車査定士が詳しく解説!・新車から3年〜10年経過時の残価率や下取り・買取相場の目安もわかります!・リセールの高いグレードや色・装備、査定の時に差がつくポイントも[…]

 

5位:タント/タントカスタム

参照元:グーネット

スーパーハイトワゴンの中でNBOXに次ぐのは今のところダイハツのタントでしょう。

販売台数ではNBOXの方が上ですが、ある程度年数が経つと僅差ですがタントの方がリセールが良かったりもします。

正直NBOXとタントの良し悪しはかなり微妙なところだと思います。

リセール云々よりも実際に試乗などしてみてフィーリングが合った方を選ぶのが良いでしょう。

あわせて読みたい

2020年の上半期軽自動車販売台数第3位のダイハツのタント。ダイハツと言えばタントというぐらい、ダイハツで1番売れている車種です。本記事ではそんなタント・タントカスタムのリセールバリュー(買取相場)について詳しくお伝えします[…]

タント・タントカスタムのリセールバリューを7年落ちまで解説【おすすめのグレードも紹介】

 

6位:スペーシア/カスタム/Z

参照元:グーネット

スペーシアはスズキから販売されているスーパーハイトワゴン。

ノーマルタイプのスペーシア、カスタム系のスペーシアカスタム、更に上のスペーシアカスタムZがあります。

NBOXとタントに比べて「カスタム」と「Z」に分けたところが、販売台数もそうですが顧客を迷わせているのかなと感じたりもします。

リセールは当然「Z」>「カスタム」>「ノーマル」の順。

とはいえスズキの中ではハスラーに次ぐ、高リセール車種で軽自動車の中では高いリセールがあると言えます。

 

まとめ

以上、「軽自動車のリセールバリューをランキングで紹介!軽のおすすめはこれ」の解説でした。

やはり特徴のある車がリセール上位に来ると言えます。

そしてその次に売れ筋のスーパーハイトワゴンですね。

記事内でも説明していますが、軽自動車自体のリセールバリューは実はそんなに高くありません。

5年で残価率50%ある車種・モデルも限られているので、全然リセールは普通車の方が高いと言えます。

これには中古車輸出が絡んでいる訳ですが。

軽自動車は燃費の良さや、自動車税の安さ、車検費用の安さなど総合的な面でコストを低く押さえられる車です。

リセールに捉われすぎることなく、総合的にどの車が適しているのか、その中でリセールの良いモデルはどれなのか、という観点で見ていきましょう。

<お知らせ>

当ブログは中古車に関する情報発信をメインにしていますが、個別の乗換え・購入・売却に関するご相談も承っています。

「○○の数年後のリセールってどうなの?」
「買取額って妥当?いつ売るのがベスト?」
「リセールを考えたらどの仕様がいいのか」

などの様々な疑問対して、細かくアドバイスさせて頂いています。

今の車を少しでも高く売りたい!将来高く売れる車を買いたい!と思っている方はぜひご利用を検討ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました。