スペーシア・スペーシアカスタムのリセールを7年落ちまで解説

スペーシア・スペーシアカスタムのリセールを7年落ちまで解説します

2020年の上半期軽自動車販売で第2位の販売台数を誇るスズキのスペーシア

本記事ではそんなスペーシア・スペーシアカスタム・スペーシアカスタムZのリセールバリュー(売却価格)について見ていきます。

ハイトワゴンで人気のスペーシアのリセールは高いのか?競合車である、NBOXやタントとの間に差はあるのか?

その辺りについてもお伝えします。

【この記事を書いた人】

キノさん
車の買取をしているキノさんです。10年のキャリアとこれまで2,500台を買取してきた経験から詳しくお伝えします。

ーこんな人にお勧めです👍ー

 スペーシア・スペーシアカスタム・スペーシアZが気になっている

 今後軽自動車を購入する予定がある

 スペーシアを所有していて将来的には乗換を考えている


最後まで読めばスペーシアについての理解がグッと深まります!^_^

リセールバリューとは

リセールバリュー

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

3年後の買取相場

新車から1回目の車検がある、3年落ち(平成29年式)の買取相場について解説します。

スペーシアは2017年12月にフルモデルチェンジを行っていますので、3年落ちは一つ前のモデルになります。

【調査条件】

  • 平成29年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場(スペーシア)

スペーシア(型式:MK42S)
グレード新車価格買取相場
残価率
G(DCBS装着車)1350000円66万円
49%
X(DCBS装着車)1458000円68万円
47%
Gリミテッド(全方位モニター付メモリーナビ装着車)1526040円82万円
54%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより
※残価率=買取相場/新車価格(%)
※DCBS=デュアルカメラブレーキサポート

買取相場(スペーシアカスタム)

スペーシアカスタム(型式:MK42S)
グレード新車価格買取相場
残価率
GS(DCBS装着車)1609200円72万円
45%
XS(DCBS装着車)1721520円93万円
54%
XSターボ(DCBS装着車)1797120円94万円
52%

買取相場(スペーシアカスタムZ)

スペーシアカスタムZ(型式:MK42S)
グレード新車価格買取相場
残価率
ベースグレード(DCBS装着車)1566000円105万円
67%
ターボ(DCBS装着車)1674000円110万円
66%
ターボ(DCBS・ユーティリティパッケージ装着車)1755000円110万円
63%
【3年落ち】買取相場と残価率の平均
スペーシア73万円・50%
スペーシアカスタム86万円・50%
スペーシアカスタムZ108万円・65%

5年後の買取相場

新車から2回目の車検がある、5年落ち(平成27年式)の買取相場について見ていきます。

2015年5月にマイナーチェンジが行われており、後期モデルを対象とします。

【調査条件】

  • 平成27年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場(スペーシア)

スペーシア(型式:MK42S後期モデル)
グレード新車価格買取相場
残価率
G(DCBS装着車)1350000円51万円
38%
X(DCBS装着車)1458000円61万円
42%
T(DCBS装着車)1566000円61万円
39%

※DCBS=デュアルカメラブレーキサポート

買取相場(スペーシアカスタム)

スペーシアカスタム(型式:MK42S後期モデル)
グレード新車価格買取相場
残価率
GS(DCBS装着車)1603800円データなし
XS(DCBS装着車)1717200円72万円
42%
GSターボ(DCBS装着車)1679400円データなし
XSターボ(DCBS装着車)1792800円78万円
44%
【5年落ち】買取相場と残価率の平均
スペーシア58万円・40%
スペーシアカスタム75万円・43%

7年後の買取相場

新車から3回目の車検がある、7年落ち(平成25年式)も見ていきます。

7年落ちは型式MK42Sの前期モデルになります。

【調査条件】

  • 平成25年式2WDモデル:装備と色は混在
  • 走行距離7万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場(スペーシア)

スペーシア(型式:MK42S前期モデル)
グレード新車価格買取相場
残価率
G1302000円29万円
22%
X1396500円40万円
29%
T1491000円34万円
23%

※スマートフォン連携ナビ装着車との平均で算出しています

買取相場(スペーシアカスタム)

スペーシアカスタム(型式:MK42S前期モデル)
グレード新車価格買取相場
残価率
GS1485750円50万円
34%
XS1575000円50万円
32%
TS1701000円55万円
32%

※スマートフォン連携ナビ装着車との平均で算出しています

【7年落ち】買取相場と残価率の平均
スペーシア34万円・25%
スペーシアカスタム52万円・33%

リセールまとめ①〜③

スペーシアの残価率の推移
スペーシアの新車からの残価率の推移

リセールバリューはスペーシアカスタムZが1番お得

3年落ち時点では、スペーシアとスペーシアカスタムが残価率約50%に対し、スペーシアカスタムZは65%となっており、価値が残りやすいことがわかります。

新しいモデルの為5年落ち以上のデータは現在ではないですが、おそらく5年、7年経過した場合においても他2車種よりは高い残価率で推移するものだと思われます。

ノーマル<カスタムは全ハイトワゴン共通。グレードは拮抗

バンパーやエアロパーツ、アルミホイールが標準となるスペーシアカスタムが全体としてスペーシアを上回っています。

これは他のハイトワゴンであるNBOXタントでも共通です。

基本的に見た目がノーマルなものは、1番価値が落ちるのが早いということが言えます。

スペーシア3種においてはどのグレードが最もリセールが高いといった傾向は見られませんでした。

1番低いグレードは避けた方が良いかもとは思いますが、数字上は大きな差は出ていません。

中古で買うなら7年落ち以上のスペーシアが1番お得

リセールが高いということは店頭の中古車価格も仕入れ値が高い為、その分高くなります。

リセールが低くなる7年落ち以上のスペーシアは仕入れ値も抑えられているので、その分中古車としても安く買えるチャンスが多いと言えます。

リセールが高い車は中古車も高いので、新車から買った方がお得ということを意識しましょう。

 

以上、スペーシアのリセールについてでした。

NBOXやタント同様低くはないまずまずのリセールだったと思います。

キノさん
インスタでも情報をコンパクトに発信中!気になる方はキノさん(@kinosan_cplus)をフォローお願いします!