アウトランダー/PHEVのリセールを7年落ちまで詳しく解説

アウトランダー/PHEVのリセールを7年落ちまで詳しく解説

「アウトランダーPHEVのリセールバリューが気になる!」
「電気自動車のリセールってどうなの?」

三菱のSUV電気自動車であるアウトランダーPHEV、リセールバリューは良いのか悪いのかイメージはありますか?

環境に良いのはわかっていても充電設備やバッテリーの劣化等で、実際高く売れるのか気になりますよね。

キノさん
というわけで、こんにちは!
年間400台買取している私が、今回はアウトランダーPHEVについて解説します。

この記事では、アウトランダー/PHEVのリセールバリュー(買取相場)についてグレード別に解説します。

アウトランダーPHEVの7年後までのリセールや中古車輸出、人気の色等についても調べているので是非参考にしてみてください。

まずは結論からお伝えします。

 リセールバリューは低め

 輸出の影響で走行距離が多くなっても価値が落ちない

 走行距離を気にせず走りたい人や社用車(毎日多く走る)向き

経過年数モデル平均残価率
3年後
(3年落ち)
ガソリンモデル68%(57~74)
★★★☆☆
PHEV55%(52~57)
★★☆☆☆
アシスタント
サポート
3年落ちはマイナーチェンジが間にあるので低めに出ています。
5年後
(5年落ち)
ガソリンモデル57%(51~61)
★★★☆☆
PHEV47%(44~50)
★★☆☆☆
7年後
(7年落ち)
ガソリンモデル33%(28~37)
★★☆☆☆
PHEV27%(23~29)
★☆☆☆☆

細かなグレードについては本文に詳しく記載しています。それでは見ていきましょう。

アシスタント
サポート
同じSUVであるトヨタハリアーのリセールとも比較してみてください。
あわせて読みたい

ハリアー・ハリアーハイブリッドの新車から3年・5年・7年後のリセールバリュー(買取価格)をグレード別にお伝えします。リセールに関わるオプション、乗換タイミング、旧型のリセールや中古車相場についても記載しましたので新型の参考にしてみて[…]

ハリアーのリセールを徹底解説【グレード別に5年後の相場も解説】

リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

それでは実際のリセール/買取相場について見ていきます。

注意
この記事は2020年11月時点の情報です。最新の買取相場は中古車買取店へお問い合わせください。
\最新の買取相場はこちらから/
【無料】中古車査定を依頼する

3年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から3年後のリセールバリューを3年落ちの平成29年式の買取相場からお伝えします。

キノさん
平成29年式は排気量が2000ccのモデルになります。そこを考慮して見る様にしましょう。
アシスタント
サポート
アウトランダー(ガソリン)のリセールも一緒に見ていきます。
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
20G2,538,000円
2.1~3.4万km
2件
188万円
74%
20Gセーフティパッケージ2,668,680円
3.7万km
1件
188万円
70%
20Gナビパッケージ2,990,520円データなし
24G2,831,760円
2.6~4.4万km
6件
155~220万円
177万円
63%
24Gセーフティパッケージ2,962,440円
2.9万km
1件
215万円
73%
24Gナビパッケージ3,284,280円
2.7~2.9万km
3件
166~200万円
188万円
57%
アクティブギア3,189,240円
1.7万km
1件
232万円
73%
【アウトランダーPHEV】
M3,659,472円データなし
Gセーフティパッケージ3,973,860円
1.2~4.7万km
8件
188~265万円
225万円
57%
Gナビパッケージ4,324,860円
1.5~4.6万km
10件
220~260万円
240万円
55%
Gプレミアムパッケージ4,681,260円
1.1~1.9万km
2件
243~250万円
245万円
52%
Sエディション4789260円
1.1~4.5万km
3件
254~287万円
265万円
55%

※残価率=買取相場/新車価格(%)
※走行距離は1~5万kmで設定

キノさん
データ数が多い程人気グレードで、残価率の精度も高くなります。
3年後のリセールバリュー(平均残価率)
アウトランダー68%(57~74)
アウトランダーPHEV55%(52~57)

【参考】3年後の残価率の基準

81%以上 → ★★★★★ 最高
71~80% → ★★★★☆ 優良
61~70% → ★★★☆☆ 高い
51~60% → ★★☆☆☆ 普通
50%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

▼リセールが高い車を知りたい人は▼

リセールバリューのランキング記事

「リセールバリューが良い車に乗りたい!」「どうせなら売る時に高く売れる車を買いたい!」車は中古の流通性が高く、再販価値が高い商品として有名です。しかしどんな車でも高く売れる(リセールが高い)訳ではありません。SU[…]

【2020年11月更新】リセールバリューの高い車ランキング・TOP20

アウトランダーはPHEVよりガソリンモデルの方がリセールが高いと言えます。

また概ね2000ccの方がリセールが高いですが、売れ筋は「24G」や「24Gナビパッケージ」だと言えます。

PHEVは最初にも記載した通り2400ccへのマイナーチェンジを挟んでいる為、現行のモデルの3年経過時のリセールはこれよりは高くなると予想されます。

5年後のリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から5年後のリセールバリューを5年落ちの平成27年式の買取相場からお伝えします。

この年はマイナーチェンジがあるので、マイナーチェンジ前後両方をお伝えします。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成27年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)

マイナーチェンジ後

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
20G2,519,640円データなし
20Gセーフティパッケージ2,617,920円
4.4~5.9万
3件
122~155万円
133万円
51%
24G2,791,800円
4.1~6.5万km
5件
144~175万円
165万円
59%
24Gセーフティパッケージ2,890,080円
3.3~6.3万km
6件
155~195万円
177万円
61%
24Gナビパッケージ3,211,920円
3.3万km
1件
177万円
55%
【アウトランダーPHEV】
M3,596,400円
3.8万km
1件
177万円
49%
Gセーフティパッケージ3,882,600円
3.1~7.0万km
22件
166~221万円
195万円
50%
Gナビパッケージ4,233,600円
3.4~6.3万km
11件
155~210万円
190万円
45%
Gプレミアムパッケージ4,590,000円
3.0~6.6万km
12件
145~240万円
200万円
44%

マイナーチェンジ前

グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
20G2,495,880円データなし
24G2,768,040円データなし
24Gセーフティパッケージ2,866,320円
3.2万km
1件
133万円
46%
24Gナビパッケージ3,188,160円
3.2万km
1件
122万円
38%
【アウトランダーPHEV】
E3,418,200円データなし
G3,670,920円
4.3~6.9万km
5件
122~150万円
125万円
34%
Gセーフティパッケージ3,768,120円データなし
Gナビパッケージ4,123,440円
3.4~6.9万km
5件
122~155万円
144万円
35%
Gプレミアムパッケージ4,430,160円
5.8万km
1件
155万円
35%

※走行距離は3~7万kmで設定

5年後のリセールバリュー(平均残価率)
MC後アウトランダー57%(51~61)
アウトランダーPHEV47%(44~50)
MC前アウトランダー42%(38~46)
アウトランダーPHEV35%(34~35)

【参考】5年後の残価率の基準

71%以上 → ★★★★★ 最高
61~70% → ★★★★☆ 優良
51~60% → ★★★☆☆ 高い
41~50% → ★★☆☆☆ 普通
40%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

5年後のアウトランダーのリセールバリューは、ガソリンの方が変わらず高く全体的には「普通〜高い」レベルです。

またマイナーチェンジによってリセールが12~15ポイント落ちていて、

これは新車価格から計算すると、

ガソリンモデル:424,440円
PHEVモデル:488,980円

の価値が落ちるている計算になります。

もし乗換や、手放すことがわかっているならマイナーチェンジ前に手放した方がお得ですね。

7年落ちのリセール/買取相場

参照元:グーネット

新車から7年後のリセールバリューを7年落ちの平成25年式の買取相場からお伝えします。

平成25年式はアウトランダーの初期モデルです。

【調査条件】

  • 過去3ヶ月以内の自動車オークション落札データより
  • 平成25年式、装備と色は絞り込みなし
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好(評価点4点以上)
グレード新車価格
走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
20G2,427,000円データなし
24G2,692,000円
6.7~8.2万km
5件
89~115万円
100万円
37%
24Gセーフティパッケージ2,787,000円
5.8~8.3万km
4件
90~100万円
95万円
34%
24Gナビパッケージ3,100,000円
9.7万km
1件
88万円
28%
【アウトランダーPHEV】
E3,324,000円データなし
G3,569,000円
5.5~9.1万km
12件
90~120万円
105万円
29%
Gセーフティパッケージ3,664,000円
8.7~9.8万km
2件
70~100万円
85万円
23%
Gナビパッケージ3,978,000円
5.0~9.8万km
11件
88~132万円
105万円
26%
Gプレミアムパッケージ4,297,000円
5.0~7.4万km
10件
115~144万円
122万円
28%

※走行距離は5~10万kmで設定

7年後のリセールバリュー(平均残価率)
アウトランダー33%(28~37)
アウトランダーPHEV27%(23~29)

【参考】7年後の残価率の基準

61%以上 → ★★★★★ 最高
51~60% → ★★★★☆ 優良
41~50% → ★★★☆☆ 高い
31~40% → ★★☆☆☆ 普通
30%以下 → ★☆☆☆☆ 低い

7年後のアウトランダーのリセールバリューは「低い〜普通」レベルで厳しい感じです。

新車価格に対する残価率だけを見ると、恐らくどのタイミングにおいてもガソリンモデルの方がリセールが高くなるでしょう。

PHEVの新車価格で上がった分をリセールで取り返せない、そんな印象です。

総じてアウトランダーのリセールバリューは低めで、ガソリンモデルの方が高く、PHEVは低いということがわかりました。

では次に、リセールバリューに影響を及ぼす事もある中古車輸出について解説していきます。

アウトランダーの中古車輸出

車輸出
UAEのアブダビ

アウトランダー/PHEVの中古車輸出事情についてお話します。

輸出事情を知ることで、価値が下がるタイミングや、走行距離がリセールに関係しないこと、時には有利な装備/オプションを知ることができます。

アウトランダー(ガソリン)の輸出国

型式仕向国
GF7W(2WD)🇧🇩バングラデシュ(登録から5年まで)
🇰🇪ケニア(登録から7年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
GF8W(4WD)🇰🇪ケニア(登録から7年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)

複数の国に行っていますが、基本的に走行距離の多い車が輸出される傾向があります。

例えば5年落ちの走行距離11万kmアウトランダーの買取価格は約90万円(残価率36%)ですが、これは輸出需要の価格になります。

また7年落ち走行距離7万kmの買取価格は約70万円になりますが、これも輸出需要がある為できる買取価格となります。(ケニア行き)

輸出はされているものの、走行距離が少ない車のリセールには影響がありません。

PHEVの輸出国

型式仕向国
GG2W🇰🇪ケニア(登録から7年まで)
🇷🇺ロシア(登録から7年まで)
🇳🇿ニュージーランド

PHEVも複数の国に輸出されていますが、同じく走行距離が多い車が輸出されている様です。

例を出すと7年落ちの走行距離30万kmの買取価格は約45万円ですが、これは明らかに輸出需要です。

国内向けに30万kmの電気自動車を45万円では流通できないですからね。

電気自動車もしっかり輸出されていることがわかります。

因みにロシアはアウトランダーPHEVの他、リーフも行く国で電気自動車が多く輸出されている代表国です。

こちらも輸出はされているものの、走行距離が少ない車のリセールには影響がありません。

輸出を踏まえたポイント

3~7年後のリセールと輸出の状況を踏まえると、アウトランダー/PHEVは

  • あまり早いサイクルでの買換えには向いていない(リセールがそんなに高くない)
  • 長期間かつ走行距離を多く乗る人に向いている車

ということが言えます。

リセールに関するその他

リセールはガソリンモデルの方が高いですが、台数では当然PHEVの方が売れています。

PHEVをベースにお伝えします。

色のリセール差は約12万円

色の差
5年落ちの色によるリセール比較
条件落札額
人気色191.35万円12.41万円
普通色178.94万円

※普通色=パールホワイト、黒以外の色

5年落ちのPHEVにて、色のリセールの差は約12万円です。

黒かパールホワイトが人気となっています。

買取相場はほぼ安定

買取相場推移
5年落ちPHEVの過去半年の落札額推移

過去半年における買取相場は、ほぼ上下していないと言えます。

そもそもリセールがあまり高くはないので、これ以上下がる可能性も低いと言えるでしょう。

アウトランダー/PHEVを高く売る

アウトランダーを売る時は下取りだけでなく、買取専門店の査定も受ける様にしましょう。

小売も輸出も販路がある車種なので下取り等の1社だけに頼らず、多くの人の目に触れさせた方が最大限の評価を受けることができます。

お勧めは買取専門店の一括査定です。

5社以上も見せる必要はないですが、3社程度は見せた方が納得して売却することができます。

車を高く売る際に注意すべきことは、『車/中古車を高く売る方法(基礎編)』に記載していますので、是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい

車(中古車)を売ろうとする時に、役立つ高く売る方法やコツについて詳しくお伝えしていきます。悲しいかな車を乗り換えや、不要で売る時というのは突然やってくる訳ですが、覚えておくと損はない情報をお伝えしていくので是非参考にしてみてください[…]

【現役査定士が解説】車(中古車)を高く売る方法
\高く売る方法を是非実践しよう/
【無料】お勧めの車一括査定はこちら

アウトランダーのリセールまとめ

3~7年後のリセールをまとめるとこんな感じです。

アウトランダーまとめ

やはりマイナーチェンジ前後でガクッと落ちているのがわかります。

リセールバリューは総合的には高くないので、長く乗ることやリセール意外のメリットを感じて乗ることがお勧めの車です。

リセールのポイントをまとめておきます。

■マイナーチェンジで40~50万円価値が落ちる

■輸出の関係で距離が増えても買取額は落ちない。ガンガン使おう。

■リセールは高くないので、長く距離も多く使う乗り方が向いている

アウトランダー/PHEVをこれから購入される方や、売却を検討している方は是非参考にしてみてください。

それでは今回はここまで。

\アウトランダーの見積もりはこちらから/
【無料】WEBで簡単!新車見積もり

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が気に入って頂けたらシェアして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/