レンジローバーイヴォーグのリセール・残価率を詳しく解説!

・レンジローバーイヴォーグのリセールってどうなの?
・3年後や5年後の残価率ってどれくらい?
・ガソリンとディーゼルはどっちが良い?

そんな疑問をお持ちではありませんか?

こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。

今回はレンジローバーイヴォーグのリセールバリューということで、10年落ちまでの残価率やリセールの高い仕様について詳しく解説します。

イヴォーグのリセールに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

<輸入車の売却は輸入車専門店が有利>
輸入車で一括査定はもう古い!
どこよりも最高値をお約束。

\30秒で簡単!無料オンライン査定/
≫輸入車買取専門の輸入車.com

【結論】イヴォーグのリセール

イヴォーグ画像

結論としてレンジローバーイヴォーグのリセールは、

・全体的に高い
・現行モデルの残価率80%台!
・型落ちの7年落ち残価率40%台!
・10年落ちでも残価率約40%!

という状況です。

経過年数別のリセール(残価率)は下記の通り。

キノサン
残価率とは買取相場/新車価格(%)で価値の残りやすさを表します。
経過年数残価率
3年落ち/R1年
LZ系
87%
★★★★★
R1/6:LZ系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H29年
LV系後期モデル
54%
★★★☆☆
H27/9:LV系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H27年
LV系前期モデル
43%
★★★☆☆
10年落ち/H24
LV系前期モデル
39%

現行モデルとはいえ、3年落ちで平均残価率80%台の車はそう多くはありません。

フルモデルチェンジでは落ちるものの、その後は安定的なリセール推移で、フルモデルチェンジ以外は大きな影響がない車種と言えます。

購入する場合は、新車又は4年落ち以内の現行モデルの中古車か、4年落ち以下の前モデルの中古車と分けて考えるのがおすすめです。

中古車の場合は輸入車という特性からも、比較的高年式かつ低走行距離のコンディションの良い車を選ぶ様にしましょう。

イヴォーグの中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェックしよう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめです。

ガリバーが無料で膨大な数のユーザー買取車両と、オークション仕入車両の中から希望の車を探してくれます。(もちろん非公開車両からも)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあり、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は今すぐ登録しておこう!
アシスタント
サポート
ガリバーは外車専門ブランド(リベラーラ)もあるので在庫が豊富です
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
イヴォーグの非公開在庫を見る

 

では次に経過年数とグレード別のリセールバリュー(残価率)を詳しく見ていきます。

何年落ちで、各グレードがどのくらいの残価率なのかを理解しましょう。

経過年数/グレード別のリセール

新車から3年・5年・7年・10年後のグレード別のリセールを解説します。

【調査条件・環境】
・過去3ヵ月のオークションデータ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし車両状態良好として

3年後のリセール:残価率87%

レンジローバーイヴォーグ:現行モデル(LZ系)

3年落ちのリセール・残価率を解説。

3年落ちは現行モデルです。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
S5,280,000円
1.5万km
5件
500~570万円
530万円
100%
RダイナミックS6,020,000円
2.7万km
4件
550~600万円
570万円
95%
RダイナミックSE6,790,000円
5.5万km
1件
500万円
74%
ファーストエディション7,990,000円
1.7万km
2件
600~660万円
630万円
79%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の平均残価率】

87% ★★★★★

現行モデルのイヴォーグのリセールはかなり高いです。

傾向としてはグレードが低い(安い)方が残価率が高く、またRダイナミックSEのデータからも走行距離の影響が大きいことがわかります。

走行距離に気をつけて綺麗に乗り、現行モデルのうちに売却すれば、かなりの高残価での売却が可能でしょう。

 

5年後のリセール:残価率54%

イヴォーグ:LV系後期モデル

5年落ちのリセール・残価率を解説。

5年落ちはモデルチェンジ前のLV系の後期モデル。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
SE5,020,000円
3.7万km
6件
275~300万円
280万円
56%
SEプラス6,080,000円
4.3万km
7件
230~340万円
310万円
51%
HSE6,620,000円
3.8万km
2件
340~360万円
350万円
53%
HSEダイナミック7,060,000円
4.3万km
6件
330~440万円
390万円
55%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の平均残価率】

54% ★★★☆☆

フルモデルチェンジを跨いでいることもあり、前型のリセールは大きく落ちます。

モデルチェンジ前後で100~200万円落ちているので、フルモデルチェンジでは乗り換えを検討するのもありでしょう。

 

7年後のリセール:残価率43%

イヴォーグ:LV系前期モデル

7年落ちのリセール・残価率を解説。

7年落ちはモデルチェンジ前のLV系の前期モデル。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ピュア4,780,000円
5.9万km
4件
210~255万円
230万円
48%
ダイナミック6,240,000円
4.7万km
9件
180~320万円
290万円
46%
プレステージ6,240,000円
8.1万km
3件
185~240万円
210万円
34%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の平均残価率】

43% ★★★☆☆

2つ前(フルモデルチェンジ、マイナーチェンジ)のモデルでこの残価率はかなり高いです。

5年落ちと比べると、前期・後期の違いではそこまで大きく変わっていません。

 

10年後のリセール:残価率39%

10年落ちのリセール・残価率を解説。

10年落ちもLV系の前期モデルです。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
ピュア4,500,000円
8.1万km
5件
150~240万円
185万円
41%
プレステージ5,780,000円
7万km
18件
122~380万円
215万円
37%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の平均残価率】

39%

10年後39%もかなり高い残価率。

フルモデルチェンジではそれなりに落ちるので、持ち越すならばある程度長期で乗った方がコスパの高さを享受できます。

車の平均的な10年落ちでのリセールバリューは下記の記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい

10年落ちの車のリセールってどれくらい?10年乗っても高く車ってあるの?本記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。こんにちは、中古車査定士の@キノサンです。今回は「車の10年後のリセールバ[…]

車の10年後のリセールバリューってどんな感じ?詳しく調査してみた

 

イヴォーグクーペのリセール

イヴォーグクーペ(販売終了)

イヴォーグのフルモデルチェンジのタイミングで販売終了となったイヴォーグクーペのリセールも紹介します。

グレード新車価格
平均走行距離
データ数
買取値幅
平均買取額
残価率
【LV系後期モデル(5~6年落ち)】
HSEダイナミック7,175,000円
3.6万km
1件
350万円
49%
【LV系前期モデル(7~10年落ち)】
ダイナミック6,250,000円
7.2万km
23件
120~260万円
200万円
32%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

イヴォーグよりも若干リセールが悪いですが、そこまで悪い車という訳ではなさそうです。

もう販売していないモデルですが、特にプレミア等はついていないのでご注意を。

 

経過年数別リセールのまとめ

これまでのリセール(残価率)をまとめます。

経過年数残価率
3年落ち/R1年
LZ系
87%
★★★★★
R1/6:LZ系にフルモデルチェンジ
5年落ち/H29年
LV系後期モデル
54%
★★★☆☆
H27/9:LV系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H27年
LV系前期モデル
43%
★★★☆☆
10年落ち/H24
LV系前期モデル
39%

輸入車の中ではかなり高いリセールバリューがあります。

輸入車のリセールバリューランキングについては、別記事にて調べていますのでご参照ください。

あわせて読みたい

一般的に外車・輸入車は国産車に比べてリセールバリューが悪いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。一部メルセデスベンツGクラスや、ポルシェ911、ランドローバーディフェンダーなどは高いリセールバリューがあることでも有名[…]

外車のリセールバリューをランキングで紹介!外車もリセール重視!

 

リセールはここで大きく落ちる

リセールバリューはどの様に落ちていき、大きく落ちるポイントはあるのか、オークション相場から調査しました。

全グレード平均で算出。

モデル
(平均走行距離)
平均買取額/データ数
(前年比)
当年もの/LZ系データなし
1年落ち/LZ系
(0.5万km)
650万円/4件
2年落ち/LZ系
(1.2万km)
580万円/20件
(−70万円)
3年落ち/LZ系
(2.3万km)
550万円/12件
(−30万円)
フルモデルチェンジ(LV系→LZ系)
3年落ち/LV系
(2.5万km)
370万円/10件
(−180万円)
4年落ち/LV系
(3.3万km)
370万円/27件
(±0)
5年落ち/LV系
(4.1万km)
330万円/24件
(−40万円)
6年落ち/LV系
(4.4万km)
310万円/30件
(−20万円)
7年落ち/LV系後期
(5.7万km)
275万円/9件
(−35万円)
マイナーチェンジ(LV系前期→後期)
7年落ち/LV系前期
(5.3万km)
265万円/18件
(−10万円)
8年落ち/LV系
(6.6万km)
235万円/28件
(−30万円)
9年落ち/LV系
(7.1万km)
200万円/52件
(−35万円)
10年落ち/LV系
(7.4万km)
200万円/24件
(±0)

高年式における下げ(1年落ち→2年落ち)と、フルモデルチェンジ前後での下げ(−180万円)が大きく下がるポイント。

それ以外は毎月1~2万円の下げで比較的安定したリセールがあることがわかります。

10年落ちでも平均買取額200万円あると思うとリセールが高いのがわかりますね。

リセールに関わる購入時のポイント

レンジローバーイヴォーグ内装
レンジローバーイヴォーグの内装

リセールバリューが高くなるイヴォーグの買い方や、色、装備などについて紹介します。

新車購入時のポイント

現行モデルのイヴォーグはフルモデルチェンジをして2代目、発売から3年になります。

今の所マイナーチェンジの話は出ておらず、新車を買ってもすぐにモデルチェンジをするということはないでしょう。

グレードはガソリンとディーゼルの販売比率がほぼ同数、若干ガソリンの方が残価率が高そうですが殆ど差はなし。

ハイブリッドの販売台数は多くはありません。

ベースグレードはほぼなく、S以上の中間グレードがおすすめです。

・購入タイミングとしてはOK
・ガソリン又はディーゼルがおすすめ
・グレードはS以上の中間グレード

リセールバリューの高い色

車の色はリセールにも影響します。

オークション相場から調べた色によるリセール差を記載します。

≪LZ系全般≫

台数/走行距離平均価格
シロ・パール17台/1.9万km571万円
クロ9台/1万km574万円
その他(グレー・シルバー・チャ・アカ)10台/1.1万km534万円

※LZ系全てのグレード n=36

≪LV系全般≫

台数/走行距離平均価格
シロ・パール113台/5.7万km269万円
クロ41台/5.9万km262万円
その他(グレー・オレンジ・アカ・ミドリ・アオ)68台/5.0万km258万円

※LV系全てのグレード n=222

人気は「シロ・パールホワイト」ですが、リセールはクロと大して変わらないと言えます。

LZ系で見るとその他の色との差がありますが、LV系で見るとほぼなく、グレーなどの中間色もリセールはそこまで悪くないでしょう。

 

リセールバリューの高い装備

オークションデータ上でサンルーフ装着率はLZ系で11%、LV系で9%と高くありません。

イヴォーグのサンルーフは開閉しないパノラミックルーフ(215,000円)と開閉式のスライディングパノラミックルーフ(270,000円)がありますが、つけるなら開閉式の方が有利。

リセール差も計りにくいですが、確実に評価対象であり、迷うならつけるのをおすすめします。

・つけるならスライディングパノラミックルーフ
・リセールで元が取れる可能性が高い
・装着率が低い分つけている車は評価高
その他の細かいオプションについては省略します。
基本的に「グレード」「走行距離」「車両コンディション」の柱で評価されるので、全てのオプションがリセールに評価される訳ではありません。

査定士お薦め‼︎車を高く売る方法

車のリセールに拘るなら、車をしっかり高値で売却する方法を知りましょう。

キノサン
例えリセールの高い車も、安く手放してしまっては意味がありません。

ここでは中古車査定士である筆者が一般の方でも使えるおすすめの買取サービスを紹介します。

車をしっかりと高く売る方法を理解し、車を高値で売り切る、車の売却に慣れるということを意識してください。

【輸入車を売却するなら】輸入車買取専門の輸入車.com

売却車が輸入車(外車)の場合は輸入車買取専門の輸入車.com(ドットコム)がおすすめです。

通常の買取店は輸入車を買取しても店頭では売れない為、業者オークションに出すのが一般的。

その為買取額として提示できるのはオークションで利益が出せる範囲内に限定されます。

しかし輸入車買取専門店では特に状態の良い車は、そのまま商品車として並べられる為オークションを通すコストがかかりません。

その差は10~20万円と言われており、通常の買取店より高額査定が期待できます。

≫輸入車.com(ドットコム) 

 

【すぐに手放せるなら】価格が競り上がる「オークション形式」

ここからは「輸入車」「国産車」「軽自動車」等関係なく使える売却方法です。

価格だけを追い求める場合、車売却のトレンドとして「オークション形式」が増えてきています。(実際に価格も競り上がるので高い)

「オークション形式」とは、最初に1度の査定をして、そのデータに対し複数の業者がオークションの様に入札してくる方式のこと。

オークション結果が満足のいく価格に達しなかった場合は無料でキャンセルもできます。

現在このサービスが利用できるのは、楽天Carオークションユーカーパックの2社のみ。

メリットは買取額が高いこと、デメリットはエリアが限定される(地方は一部不可)こと、すぐに車を手放さないといけないことになります。

キノさん
ユーカーパックは落札後の入金確認から8日以内に車の引き渡し。
アシスタント
サポート
楽天は1ヵ月の猶予があるので楽天の方が余裕を持てますね。

入札業者数はユーカーパックが多い(8,000社)ですが、楽天はポイントが貯まったり余裕を持てたりと一長一短です。(楽天の業者数は2,000社)

査定員がオークション相場や期待できる価格をかなり詳しく教えてくれ、何よりも実車査定g一度だけというのがかなり楽です。

≫楽天Carオークション

≫ユーカーパック

 

【すぐに手放せないなら】価格と融通のバランスがとりやすい一括査定

しかし実際には「すぐに車を引き渡せる人」ばかりではないですよね。

  • 次の車の納車時期がはっきりしていない
  • 次に買う車で迷っている
  • 買取額を元にディーラーと商談したい

という人も多くいるのではないでしょうか。

そんな時は複数業者から見積りがとれ、引渡し時期も個別に交渉できる一括査定がおすすめです。

一括査定は一度に多数の業者に見積もり依頼が出せる一方で、各業者の対応に手間がかかるというプラスとマイナスの両面を持ち合わせています。

手間がかかるというデメリットはあるものの、各業者が相手を意識している為負けない様しっかりした値段を提示してきます。

一括査定ではとにかくできるだけ多くの業者に声をかけることが大事になりますが、それができるのがカーセンサーの一括査定です。(最大30社)

ポイントとしては、業者が多いので概算金額や対応面に納得ができ、安心して任せられそうな業者を厳選して実車査定をお願いしてください。

納車の時期まで車が使えたり、車は先に渡して代車を出しくれるなど会社によって対応は様々なので、細かいは条件は個別に確認をしましょう。

≫カーセンサーの一括査定

 

中古車購入時のポイント

イヴォーグの中古車カーセンサー
レンジローバーイヴォーグの中古車:カーセンサー

新車に納期がかかるなどの場合は、中古車を検討するのもありでしょう。

LZ系は残価率が高いので中古車価格も高いですが、モデルチェンジがなければリセールはある程度維持されるのでリスクは低めです。

また価格を抑えたい人は、リセールが落ちているLV系のイヴォーグを狙うのもお勧めです。

【レンジローバーイヴォーグの中古車を探すなら】販売店の非公開在庫まで見ておこう!

”中古車を探しているけど中々自分が欲しいスペックや予算の車が見つからない…”

そんな時はガリバーの中古車検索サービスを上手く活用するのがおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

車は約500台が毎日入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もある為、リクエストを出しておくだけでも価値は十分にあり。

車は10年保証で納車後の返品もOK、最短即日の連絡で専任担当者つき。「まだ探している段階」でも歓迎してくれるとても便利なサービスです。

キノサン
いい車は早い者勝ち。欲しい車がある人は今すぐ登録しておこう!
アシスタント
サポート
ガリバーは外車専門ブランド(リベラーラ)もあるので在庫が豊富。
\ 【登録は無料】プロのサポート付き /
イヴォーグの非公開在庫を見る

 

まとめ

以上、レンジローバーイヴォーグの解説でした。

かなりリセールバリューの高い輸入車SUVですね。

同車格であるベンツのGLCやBMWのX3、AudiのQ3などと比べると頭ひとつリセールは高いと言えるでしょう。

モデルチェンジも今のところ話に出ていないので、これからの購入にはおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

お知らせ(PR)

本ブログはリセールを中心とした情報発信ですが、個別の乗換え相談も承ります。

次の車のリセールが高い仕様や下取り車の狙える買取最高額など、車の売買に関することをなんでもご相談頂けます。

回答は実際のデータを用いてわかりやすくお伝えしています。(過去例もあります)

効果的な車の乗り換えをしたいと思う方はぜひご利用ください。

ココナラ

※お届け日数は質問内容によります。初回の質問に対する回答は最短12時間以内〜最長2日の予定です。※お急ぎの方は事前にダイ…

本記事は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良いカーライフを。