レクサスRCの3年・5年後のリセールバリューを詳しく解説します

レクサスRCの3年、5年後のリセールバリューについて解説

レクサスブランドのクーペでLCと並ぶ兄弟車「RC」。

LCが下が1000万円台からなのに対し、RCは500万円台からありますので、レクサスのセカンドカーが欲しいという人には入りやすいモデルです。

今回はそんなレクサスRCのリセールバリューについて解説します。

この車種は平成26年10月発売モデルの為、3年落ち(平成29年式)と5年落ち(平成27年式)について解説します。

キノさん
キノさんです。現役で買取査定士をしています。10年のキャリアとこれまで2,500台を査定してきた経験からお伝えします。

 


ーこの記事でわかること(結論)ー

 レクサスRCのリセールは3年で新車価格の50%

 モデルチェンジがなければ5年までは大きくは落ちない

 Fスポーツの赤革シートが高いリセール的にはオススメ

 

ー詳しくは記事内容へー


リセールバリューとは

リセールバリューとは

 

リセールバリューとは
リセールバリュー(≒リセール)とは一度購入したものを販売する際の、再販価値のこと。中古車販売などの際に使われることが多い。なお、リセールバリューという言葉自体はガリバーの登録商標です。
参照元:Wikipedia
本記事では新車価格に対する買取相場(残価)の比率(%)として用いています。

買取相場の算出方法

買取相場の算出方法

買取相場は自動車オークションでの落札予想額から、買取業者の粗利益(10万円〜20万円)を引いて算出します。

理由としては、買取車両の大部分はオークションにて売却されている為です。

株式会社矢野経済研究所の『中古車流通総覧2020年版』によると、買取台数90万台のうち10万台が直接ユーザーに再販され、80万台はオークションで売却されています。

 

3年後の買取相場

新車から1回目の車検である、3年落ち(平成29年式)の買取相場を調べます。

平成30年10月にビッグマイナーチェンジ(MC)があったので、型落ちということで現行モデルの3年落ちに比べ少しリセールが低くなっているかもしれません。

【調査条件】

  • 平成29年式:装備と色は混在
  • 走行距離3万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
RC200t5210000円データなし
RC200tFスポーツ5830000円290万円
50%
RC200tバージョンL5850000円280万円
48%
RC300h5650000円データなし
RC300hFスポーツ6270000円データなし
RC300hバージョンL6290000円データなし
RC3505992000円データなし
RC350バージョンL6632000円データなし
RC350Fスポーツ6812000円330万円
48%
3年落ちの平均買取相場と残価率
300万円・49%

※買取相場=直近1ヶ月のオークションデータより算出
※残価率=買取相場/新車価格(%)

2019年のレクサスRCの年間販売台数は1684台、月平均では140台です。

レクサス11車種中8番目の販売実績で、RCはそこまで流通量が多い車種ではありません。その為オークションへの出品車両も少なく、FスポーツとバージョンL以外の取引データが直近ではありませんでした。

参考:レクサスの車種別年間販売台数

自動車情報誌「ベストカー」

レクサスが目指す方向と身に付けるべき価値 業績過去最高も課題は山積 2019年世界での新車販売台数は76万台になったレク…

色の違いで50万円ぐらいの影響

レクサスRCFスポーツのオークション落札結果

Fスポーツの黒、56,000kmが268万円(税別)で落札されています。3年で56,000kmなのでかなり走っています。

レクサスRCバージョンLのオークション落札結果

こちらはバージョンLの赤、13,000kmが、230万円(税別)で落札されています。

FスポーツとバージョンLは新車価格は大きく変わりませんが、走行距離が40,000kmも違うにもかかわらず、売れる価格はFスポーツが38万円も高く売れています。

元々Fスポーツの方がリセールが高いという結果もありますが、ボディの色が大きく影響しています。

赤の距離が短い車よりも、黒の距離が多い車の方が市場では乗りたい人が多いということです。

あわせて読みたい

キノさん車の色って何色が高く売れるか、きちんと知っていますか?よく白系が良いとか、白は雪に紛れるから輸出には嫌われるとか、黒系が良いとか、シルバー系が無難で良いとか。色んな話を聞きますよね。 本記事[…]

車の色

5年後の買取相場

新車から2回目の車検である、5年落ち(平成27年式)の買取相場を調べます。

RCは平成26年10月から発売されましたので、完全に発売当初のモデルです。

【調査条件】

  • 平成27年式:装備と色は混在
  • 走行距離5万km前後(年間1万kmで計算)
  • 事故修復歴なし、内外装の状態良好

買取相場

グレード新車価格買取相場
残価率
RC300h5650000円245万円
43%
RC300hFスポーツ6270000円330万円
53%
RC300hバージョンL6290000円245万円
39%
RC3505960000円データなし
RC350バージョンL6600000円250万円
38%
RC350Fスポーツ6780000円300万円
44%
5年落ちの平均買取相場と残価率
274万円・43%

Fスポーツ・黒・赤革がオススメ

レクサスRCFスポーツの落札額

平成27年式のFスポーツ、47,000km、ボディ黒の赤革シートが330万円(税別)で落札されています。

5年落ちにしてはかなり高く売れている一例です。

レクサスRCFスポーツシルバーの落札額

一方こちらは、同じく平成27年式の57,000km、シルバーの黒革シートで落札額は250万円(税別)です。

細かい事を言うと車の状態がシルバーの方がやや悪いと言えますが、80万円ぐらいの差が開いてしまっています。

赤の革シートは、NXISのリセールにおいても高いリセールが出ていました。

ここから新車でRCを買うなら、ボディは黒で赤革シートを選択することがリセールには良い影響を与えると言えそうです。

あわせて読みたい

ビッグマイナーチェンジを迎えるレクサスIS。2020年秋の発売がほぼ決定的と言われており、買い替えの機運も高まりそうです。本記事では、レクサスISの新車から3年・5年・7年後の買取相場を調べることで、新型レクサスISのリセー[…]

レクサスISのリセールバリュー
あわせて読みたい

本記事ではレクサスNX・NXハイブリッドの買取相場とリセールバリュー(残価率)について詳しく解説します。(令和2年5月時点)レクサスNXの購入や売却を検討されている方は、この記事を読むことで具体的な買取相場とリセールバリューについて[…]

レクサスNXのリセールバリューと買取相場を現役査定士が一挙公開

レクサスRCのリセールまとめ

これまでをまとめると、

  • レクサスRCは3年で新車価格の約半分の価値になる
  • ただし3年→5年の間においてはそこまで落ちない(平均では50%→43%)
  • 特にFスポーツを買っておけば、高いリセールが保てる
  • 反対にバージョンLはリセールは低く出ているグレード

ということがわかりました。

レクサスは全車種を見た場合、リセールが3年で新車価格の半分というのは別に低い方ではありません。(セダンも同様の数値になります。)

なのでFスポーツや売れるスペックを選択すれば、コスパの良い車として見ることもできるかもしれませんね。

個人的には、新車で買うならFスポーツの人気色、中古で買うならバージョンLの中間色がお得かなあと思います。

是非参考にしてみてください。

キノさん
最後までお読み頂きありがとうございました。データが少なかったですが意外と悪くないリセールでした。
あわせて読みたい

車のリセールバリュー、気になりませんか?私は仕事柄と性格上、どうせ乗るなら手放す時も高く売れる、お得な車に乗りたいと常々思っています。本記事では、車のリセールバリュー(リセール)が大好きな私が、リセールの高い車をランキング形[…]

車のリセールバリューのランキングTOP10